日経平均は狭いレンジ内で上下。今後の上値メド・下値メドは?

【日経平均株価】テクニカル分析 2019年12月8日

日経平均は高値圏で一進一退。米中の通商交渉のニュースで上下に振られる

2019年12月6日の日経平均株価の終値は、前日より54円31銭高の23,354円40銭となりました。続伸です。ただし値動きは小幅で、週ベースで見ても先週末に比べて60円49銭高と大きくは動いていません。

ここのところ、米中の通商交渉に関する報道に一喜一憂して相場が振り回されるような展開が続いています。

先週も、3日にはトランプ米大統領が、中国との通商交渉について、「期限を設けていない」「米大統領後まで待つのもいい考えだ」などと語ったことから、合意が遠のくとの警戒感が広がり、米国をはじめ海外の株式市場が軟調となりました。

続きを読む

しかし週末にかけて、米政府高官が通商交渉の進展について前向きな発言をしたと伝わると買い戻す動きとなっています。

今週の展開はどうなるでしょうか。6日には11月の米雇用統計が発表されました。結果は、非農業部門の雇用者数が前月比26万6000人増と、市場予想(約19万人)を上回りました。

これを受けて、6日の米株式相場で、ダウ工業株30種平均は前日比337ドル27セント高の28,015ドル06セントと大幅に上昇しています。

今週、日本株も連れ高になることが期待されます。ただし、若干動きづらいのは、12月15日に、対中制裁関税の「第4弾」の発動を控えていることです。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
下原 一晃

マーケティング会社、リクルートなどを経て、PRプランナー・ライターとして独立。
株式投資、投資信託をはじめとする資産形成や、年金、相続などに関する情報提供を行っている。あわせて、個人投資家がテクニカル理論を身に付けるためのヒントや知識の紹介にも取り組んでいる。
日本テクニカルアナリスト協会認定テクニカルアナリスト(CMTA)。