「分かっていたけれど、お金が一気になくなった…」大学受験にかかるお金、入学にかかるお金

この春、大学に長男を入学させたUさんのお話です。

「学校や塾の説明にもあったし、先輩ママからもさんざん言われていました…。受験には、すごくお金がかかるよって。とはいえ、受験の時期はとにかく必死。納付期限までに収めないとあれができない、これができないと言われて。とにかく定期やら積立やらを崩して、必要だと言われたお金はすべて支払っていました。
でも、大学の入学式が終わって、あらためて通帳をみて実感しましたね。ものすごいお金を使ったなあって…」

続きを読む

大学受験にかかるお金はいくら?

まず、大学受験にかかる費用ですが、通信教育などで知られるベネッセホールディングスが運営するサイト「Benesseマナビジョン」によれば、以下のようになっています。

センター試験     1万8,000円(3教科以上受験の場合。2教科なら1万2,000円
国公立大学二次試験  1万7,000円 
私立大(一般方式)  約3万5,000円(学校により異なる)

たとえば、国公立2校、私立大を2校受験するとなると、

1万8,000円(センター試験)+3万4,000円(国公立大)+7万円(私立大)=12万2,000円
これだけのお金がかかることになります。

また、遠方の大学を受験する場合は、これに交通費と宿泊費が加わります。さらに私立大学などの願書は、1通1,000円ほどする場合もあります。

実際に入学が決まれば、さらにかかる

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に構成されています。国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。