みんなは毎月いくらお金を使ってる? 貯蓄を増やし赤字体質を抜け出す対策

「収入に見合った娯楽費用」を見極める

娯楽に使う費用は、極端なことを言えばゼロにもできます。しかし、それでは何のために働いているのか分からなくなってしまいますよね。かと言って使い過ぎてしまい赤字になるというのは考えものです。

自分が使っている娯楽費用の額が年収やライフスタイルに見合ったものかを見直し、使いすぎならば回数を減らしたり、少しクオリティを下げるなど、身の丈に合った楽しみ方は何かを考えましょう。そのうえで予算の上限を決め、それを守ることが大切です。

収入を増やすことを考えるのもひとつ

収入が少なければ、出費を抑えるのにも限界が出てきます。その場合は「収入を増やす」という考えに転換してみてはいかがでしょうか。最近では副業解禁の流れから、会社員としての収入だけではなく、複数の収入の口を持つ人も増えてきています。

日本最大のクラウドソーシングシステムを運営しているランサーズ株式会社の「フリーランス実態調査2018年版」によると、副業フリーランスをしている人は744万人でした。

その経済規模は約8兆円と、過去最高の規模になっており、副業としてフリーランスの仕事をしている人もかなり多いということが分かります。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。