みんなは毎月いくらお金を使ってる? 貯蓄を増やし赤字体質を抜け出す対策

さらに主な費目を見てみると、二人以上世帯では食料:79,348円、交通・通信:42,264円、教養娯楽:29,083円。単身世帯では食料:44,067円、交通・通信:21,619円、教養娯楽:19,674円でした。

黒字生活に戻すためにできることは?

では、ついつい赤字家計になってしまうという場合、何から改善していけばいいのでしょうか。

支出の内容は細かく把握する

赤字家計の人は、雑費や使途不明金が黒字家計の人よりも多い傾向にあるようです。

「何に使っているか分からないけど毎月赤字」という人は、家計簿をつけるなどして、可能な限り使い道を把握しましょう。出費を見える化すれば、どこをどのように削れば良いか対策が取りやすくなります。

貯蓄とは別に「予備費」をつくる

冠婚葬祭などの急な出費を貯蓄から捻出していると、なかなか思うように貯蓄は増えていきません。それを避けるためには「予備費」という項目を作ると良いでしょう。

月の初めに貯蓄とは別に分けておき、突然必要になるお金ができた時はここから使うようにします。そうすることにより、突然の出費が貯蓄に影響しないのが大きなメリットです。もし使わなかった場合は貯蓄に回しましょう。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。