日経平均に寄引同事線出現。今後の見極めポイントは?

【日経平均株価】テクニカル分析 2019年12月1日

日経平均は一時、年初来高値を更新

2019年11月29日の日経平均株価の終値は、前日より115円23銭安の23,293円91銭となりました。続落です。ただ、週ベースで見ると181円3銭高と堅調です。26日火曜日には一時、年初来高値を上回り23,608円まで上昇しました。

先週も、米中の通商交渉の進展を巡り相場が一喜一憂する展開となりました。26日には米中が課題解決に向けて対話を行う方針であることが伝わり、買いが広がりました。

続きを読む

しかし、トランプ米大統領が27日、香港での人権尊重や民主主義の確立を支援する「香港人権・民主主義法」に署名したことから、中国外務省が内政干渉だと反発、米中交渉の先行きへの警戒感から、上海や香港などの株式市場が軟調となり、東京株式市場も連れ安となりました。ただ、下げ幅は小さく、高値圏でもみ合いとなりました。

今週の展開はどうなるでしょうか。米国市場は28日、感謝祭の祝日で休場、29日も午後1時までの短縮取引でした。

香港人権法案の成立などを受けて、29日のダウ工業株30種平均は5営業日ぶりに反落し、感謝祭前の27日と比べて112ドル59セント安の28,051ドル41セントで終えています。ただし、下げ幅は限定的で、高値圏での利益確定売りも見られます。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
下原 一晃

マーケティング会社、リクルートなどを経て、PRプランナー・ライターとして独立。
株式投資、投資信託をはじめとする資産形成や、年金、相続などに関する情報提供を行っている。あわせて、個人投資家がテクニカル理論を身に付けるためのヒントや知識の紹介にも取り組んでいる。
日本テクニカルアナリスト協会認定テクニカルアナリスト(CMTA)。