「休日ひきこもり」の男性が増加中!? 彼らはなぜ家から出ないのか

・「よく2世タレントが不祥事を起こし、親が頭を下げているシーンが報道されていますよね。子どもが未成年ならまだしも、いい大人であることがほとんど。そういったシーンを見るたび、『本人だけ謝ればいいのに』と感じます」

・「交番で男性巡査を刺し拳銃を奪った事件で、容疑者の父親である関西テレビ常務取締役が謝罪、退任したことがありました。あれは、世間の声を意識しての判断だったのでは。それほど世間が『親の責任』を強く求めているという現状に、少し物々しさを感じます」

・「『ひきこもりは親の責任』なんて掲げていたら、親の負担がさらに増すだけなのでは。団体や自治体などに助けてほしいと思っても、声を上げにくいでしょう」

まとめ

子の責任を親がとる場面が多く見られる一方、「そこまでしなくても」「親の負担が増える」と捉えている人も少なくないようです。実際のところ、ひきこもりになる原因は受験や就活の失敗、いじめ、病気などさまざま。にもかかわらず「親の責任だ」と責めるのは、正解とは言えないのかもしれません。

LIMO編集部

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。