あえて「キャッシュレス決済を利用しない」理由とは?スマホ決済に潜む「落とし穴」

不正アクセスにより、個人情報が流出するリスクがある

スマホ決済はインターネットにつないだ状態で行うので、不正にアクセスされる可能性は0ではありません。セブン&アイ・ホールディングス傘下のスマホ決済7pay(セブンペイ)が、不正アクセスによって大きな被害を受けたのは記憶に新しいのではないでしょうか。

チャージ金額には有効期限があり、それを過ぎた分は利用できなくなる

スマホ決済を日常的に使うならば有効期限内に使えますが、そうでない人の場合には、有効期限が切れてしまうこともあります。チャージしたことを忘れないようにしましょう。

出金時に手数料が発生する、もしくは出金に対応していない

チャージしたのはいいけれど、急に現金が必要になることもありますよね。でも、現金化に対応しているスマホ決済は少なく、出金に対応していても手数料が高いという問題があります。

手軽に会計ができるため、お金を使うハードルが下がってしまう

お財布の中の現金を見ないので、この買い物が必要かどうかを考えるきっかけがなくなります。そのため、使う機会や額が増えてしまうこともあるのです。

クレジットカードを登録している場合、お金の流れが分かりにくくなる

チャージ式であれば残高を気にしながらお金を使いますよね。でもクレジットカード決済の場合は、その感覚が薄れてしまうこともあります。

スマホ決済は、還元やポイントによってお得になる一方、浪費や家計管理の混乱を招く可能性もあります。また不正アクセスの危険性もはらんでいます。キャッシュレス化に足を踏み入れる際は、それ伴うリスクも視野に入れておく必要があるでしょう。

進む「キャッシュレス化」に対する冷静な意見

これらのデメリット以外の面を配慮し、あえてキャッシュレスに手を出さない人もいるようです。一体どのような点を問題視しているのでしょうか。

「高校生の娘に、『今度からおこづかいをPayPayで渡してよ』と言われました。最初は便利そうだと思いましたが、よく考えるとお金のありがたみが薄れてしまいそう…。娘の金銭感覚を損なわないためにも、今まで通り現金で渡し続けることにしました」

災害時など、電気やインターネットが使えない時は現金が必須。それでなくても、システムのダウンによって使えない時がくるかもしれない」

「アメリカや中国などではキャッシュレス化が進んでいる、東京オリンピックに備えてキャッシュレス化を推進したい…と耳にしました。でも私は都内に住んでいる訳でも、海外に行く予定があるわけでもない。だったら、今のままでいいかな」

スマホ決済の必要性を感じない、緊急時の対応への不安など、さまざまな理由が挙げられました。災害時にレジが使えず、現金のみの対応をしているお店の様子も報道されています。そのような状況を踏まえると、キャッシュレスだけに頼るのはリスクが大きいと言えるのかもしれません。

まとめ

政府は日本のキャッシュレス化を積極的に促しているため、今後も現金での買い物の割合が減っていくと予想されます。利用者にとってはポイントや残高還元による金銭面でのメリットが大きい一方、個人情報の流失や災害時などのリスクもあります。

また、消費者としては、お金を使う感覚が薄れてしまうため、使いすぎなどにも注意が必要ですね。これまで以上に家計の管理をしっかり行って、買い物の前には「この買い物は必要なの?」と自分に問うなど対策をしていきましょう。

LIMO編集部

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。