なぜお金持ちは憎まれるのか。成功者の不幸を喜ぶ人の心理とは

いつの時代も、お金持ちはそうでない人から疎まれてしまうことが多いです。特に日本においては「お金持ちはずるく儲けている」「お金の話は汚いもの」というイメージを強く持っている人が少なくありません。

結論から言えば、お金持ちは誤解されている存在です。ずるく稼いでいるわけでも、楽して自分だけがいい思いをしているわけでもないのです。

お金持ちが憎まれる理由は文化的事情

本来、お金持ちが憎まれる理由はどこにもありません。

続きを読む

どこかの誰かが自分よりたくさんお金を持っている、という事実が自分を苦しめる理由はどこにもありません。かつて一世を風靡した人物が凋落すると、「ざまあみろ」と喜ぶ人が一定数います。でも、そうなってもお金持ちのお金が自分のところに流れてくるわけではありませんから、彼らの凋落を喜ぶことに何もメリットはないのです。

ひとえにお金持ちが憎まれる理由は、文化や教育的事情が大きいと考えます。日本においては未だに農村の価値観が残っており、集団から飛び出て個を貫くことを悪と考えるムラ社会的な思考の持ち主が一定数存在します。

また、漫画などではお金持ちは嫌味なヤツとして描かれ、汗水たらして努力することが美徳とする表現などもそれを手伝います。「自分は苦労しているのだから、お前も同じ立場であるべきだ」という気持ちで、うまくいく人を妬み、他者へ過剰に干渉する人たちが存在するのです。

このように本質的に言ってお金持ちが恨まれる合理的理由はどこにもなく、単に嫉妬心と文化的な思考で結果的にそうなっているにすぎないのです。

お金持ちは納税によって社会貢献をしている

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
黒坂 岳央(起業家/投資家/ジャーナリスト)

シカゴの大学へ留学し会計学専攻。大学卒業後、東京で会社員を経て独立。
フルーツギフトのビジネスに乗り出し「肥後庵」を代表。
ビジネスジャーナリスト、作家、講演家。投資家でもあり、株式・国内外の不動産・FX・仮想通貨などに幅広く投資。
資産数十億円超のビリオネアとの投資やビジネス経験を活かして、『年収1億円超の起業家・投資家・自由業そしてサラリーマンが大切にしている習慣 “億超えマインド"で人生は劇的に変わる!』を著書に持つ。
英会話スクール・語学留学より圧倒的に低コスト&最短最速で身につく「英語多読の入門講座」を無料動画で開講中!