資産形成は低コスト投資信託で十分! ”安かろう悪かろう”じゃありません

技術革新による価格破壊(最近の言葉ではディスラプション)は、金融商品だけではなく、各種サービスに広がっていますので、各産業でもめずらしくなくなっていると思います。いい意味でも悪い意味でも、便利かつ低コスト社会になっているわけですが、副作用として低インフレ・低金利は継続していくのだと思います。

こんな世の中ですので、投資信託で同じリターンを目指すのであれば、なるべく低コスト商品を選ぶほうが賢明です。最悪は「販売手数料も信託報酬も割高で期待リターンが低い」投資信託です。

一般の方が投資信託を含む金融商品を理解するのはそんなに簡単なことではないと重々承知していますが、今日は若干のアドバイスをお伝えしました。

図表:信託報酬の高低とリターンの関係

拡大する

注:モーニングスター等のデータから筆者作成。DC、ETF除く。2019年10月末時点


もしご自身の資産形成をしっかり考えてみたいということでしたら、一度筆者が運営する一般社団法人日本つみたて投資協会のホームページをご覧ください。

<<これまでの記事はこちらから>>

太田 創(一般社団法人日本つみたて投資協会 代表理事)

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
太田 創
  • 太田 創
  • 一般社団法人日本つみたて投資協会 代表理事

関西学院大学卒。1985年、三菱銀行入行。1988年より約10年間、ロンドンおよびサンパウロで資金為替・デリバティブ等の運用、投資信託の管理業務に携わる。その後、2000年からシティグループ(米)、UBS(スイス)、フィデリティ(米)、GCIにおいて投資信託のマーケティング・商品企画を統括。現在は一般社団法人日本つみたて投資協会・代表理事。主要な著書には、『ETF投資入門 』(日経BP 2008年)、『お金持ち入門』(実業之日本社 2015年 共著)、『毎月3万円で3000万円の「プライベート年金」をつくる 米国つみたて投資』(かんき出版 2019年)などがある。