結婚は「お金や時間を奪う」もの? 夫婦仲を冷やす価値観のズレとは

どんなに相性が良いカップルでも、お金に対する価値観がズレていると結婚後さまざまな場面で揉めることになります。歩み寄れないくらい考え方のギャップが深まってしまうと、それが原因で別れてしまう夫婦も…。そんなことにならないために、結婚前に確認しておきたいポイントを考えます。

年収400万円の彼との結婚は不安?

ある電子掲示板に投稿された「年収400万円の彼に不安」という女性の相談が最近話題になりましたが、果たして年収400万円は心配になるような年収なのでしょうか。

続きを読む

国税庁による「平成30年分 民間給与実態統計調査」によると、1年を通じて勤務した給与所得者5026万人の平均給与は441万円。男女別では、男性545万円、女性293万円なので、年収400万円は男性平均よりは低いことになりますが、これは全世代の統計なので結婚適齢期の男性としては良い方なのかもしれません。

都心に住み専業主婦になるというのならばかなり厳しい水準かもしれませんが、女性も働く気があり、一緒に家計を支えられるのであれば十分やって行けるのではないでしょうか。

また、年収は今より増える可能性も減る可能性もあります。今の年収よりも、「人生のパートナーとして支え合えるか」ということに焦点をおき、「妻も働く場合は家事や育児を助けてくれるような人か」「思いやりがありモラハラ気質ではないか」ということのほうが大切でしょう。

結婚前に確認しておくべきなのは?

上記では年収に対する不安を紹介しましたが、お金に対する価値観でぶつかることもたくさんあります。お金のことで揉めないように結婚前に確認すべきことは何でしょうか?

お金の使いどころ

お金の価値観は育ってきた環境により異なって当然ですが、全く異なる価値観だと結婚後苦労することに。すべての面で合意するのは難しいと思いますが、どうしても譲れないポイントと妥協できるポイントをあらかじめ共有しておくと良いでしょう。

たとえば、車は絶対新車が良いか中古でも許せるか、カーシェアでも良いかなど、お互いの妥協点を知っておけば、結婚後に「こんなはずじゃなかった」というストレスを減らすこともできます。

仕事に対する価値観

仕事に対する考え方も揉め事になりやすいものです。特に結婚して子どもが生まれたら専業主婦になるのか、仕事を続けるかというところは、女性の人生において大切な選択になるからです。

夫が専業主婦希望の場合、もし妻が働きたいと思っても「家事や育児を今まで通りできるのなら働いても良いよ」と言われてしまう可能性もあります。また、専業主婦になり育児に向き合いたいのに「家計が苦しいから働いてほしい」という場合もあるでしょう。

このように自分の意思に反して専業主婦にならなければいけなかったり、働かなければいけなかったりということを防ぐために、結婚前にお互いの考え方を話し合っておくことが大切です。また、専業主婦希望ならば本当に専業主婦になれるくらいの収入があるのかも確認しておくといいですね。

結婚は「奪われることの連続」?

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。