高学歴でもフリーターになってしまう理由とは? 正社員化は狭き門という現実

StreetVJ / Shutterstock.com

かつては大学や大学院を卒業したら、定職について働くことがごく普通のことでした。しかし、社会や経済状況の変化により、最近ではそればかりではなくなってきているようです。最近のフリーター・転職事情を見ていきます。

高学歴フリーターが増加する厳しい社会環境

2017年10月20日に独立行政法人 労働政策研究・研修機構(以下、労働政研)から発表された「フリーター経験者(注)の高学歴化と正社員化減少-「第4回 若者のワークスタイル調査-」では、フリーターの現状を知ることができます。

続きを読む

注:本調査での「フリーター経験者」は、パート・アルバイト経験者(学生時代のアルバイトを除く)と定義されている。

この調査では、2001年にはフリーター経験者中の高卒者の割合が約4割、大学・大学院卒者約1割であったのが、2016年には大学・大学院卒者が約4割を占めるようになり、高卒者は約2割となっています。ここからは、高学歴のフリーターが急激に増えている現状が見えてきます。

また、労働政研はフリーターを「夢追求型」「モラトリアム型」「やむを得ず型」「ステップアップ型」の4つに分類していますが、それぞれの定義は以下の通りです。

  • 夢追求型…明確な目標を持っている人
  • モラトリアム型…フリーターになった当初に明確な職業展望を持っていなかった人
  • やむを得ず型…本人の意欲とは別の、環境要因によるフリーター化した人
  • ステップアップ型…資格取得などのため一時的にアルバイトなどで生計を立てる人

25-29歳層の男性で見ると、2016年の結果で「やむを得ず型」が全体に占める比率は35%です。5年前に調査が行われた2011年の調査と比べると、比率が増加しているのは「やむを得ず型」(30%→35%)と「ステップアップ型」(23%→29%)。低下しているのは「モラトリアム型」(28%→25%)と「夢追求型」(19%→12%)という結果でした。

一方、25-29歳層の女性も、男性と同様「やむを得ず型」の35%が一番多いという結果でした。また、2011年対比で比率が増加しているのは、「やむを得ず型」(32%→35%)、「ステップアップ型」(21%→27%)、そして「夢追求型」(12%→15%)です。一方、「モラトリアム型」(35%→24%)は大きく減っています。

「本人の意欲とは別の、環境要因によるフリーター化」という「やむを得ず型」は、十分な収入を得られず貧困に陥り、結婚したくてもできないという状況につながることも少なくないでしょう。

さらに、「フリーターから正社員化への状況」によると、25-29歳層で正社員になろうとしたものの、実際に正社員になれた割合は、男性で2001年には76%だったものが2016年には62%へ、女性は2001年の51%から2016年には41%へと、男女ともに大幅に減少しています。

一度フリーターになってしまってから正社員を目指すのは、今の日本では容易ではないと言えるでしょう。

会社をやめる理由の第1位は?

上記の調査では、離学直後に就職し、その後に離職した人の理由についても調べられています。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験、ビジネスネットメディア運営経験者やファッション誌元編集長、業界専門紙の記者出身者、学習参考書などの書籍校閲・校正経験者、またWebマーケティングスペシャリストなどが編集や執筆作業を行い、運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディア運営経験者等を中心に立ち上げました。サブスクリプションモデルで一定の成功を収めていたLongineですが、グループ内で新サービスを展開ることとなり、多くの読者の声に惜しまれながらLongineのサービス自体は2020年3月に終了となりました。Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。