「進学できなくなりました。就職します」ある高校3年生の言葉に考える、貯蓄がないということ

続いては、働き盛りである30~40代の状況をチェックしてみましょう。2019年3月にSMBCコンシューマーファイナンスが30~49歳の男女に実施した、「30代・40代の金銭感覚についての意識調査2019」をもとにみていきます。

この調査の結果では、23.1%の人が「貯蓄が0万円(貯蓄ができていない)」と回答しています。30~40代のうち、約5人に1人は貯蓄ゼロであることが分かりました。

さらに、貯蓄が「1万円~50万円以下」に当てはまる人は24.6%となっており、先ほどの「0万円」と合わせると47.7%と約半数となっています。30~40代の5割ほどが貯蓄100万円以下と聞くと、驚く方もいるかもしれません。

でも「2人以上の世帯で貯蓄1000万円」は意外にいる

働き盛りの世代で貯蓄がない人もいるからといって、「じゃあ、うちになくても当然ね」と考えるのは早計です。実は、年収や年代に関わらず、多額の貯蓄をしている人もたくさんいるのです。

では、貯金額の分布はどのようになっているのでしょうか。上述の金融広報中央委員会の「平成30年(2018年)家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査]」から、「金融商品保有額のレンジごとの比率」(金融資産を保有していない世帯を含む)をみてみましょう。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。