「進学できなくなりました。就職します」ある高校3年生の言葉に考える、貯蓄がないということ

ある年の9月の話です。大学受験を控えた高校3年生のK君が、担任の先生に言いました。「先生、大学に進学するつもりでしたが、金銭的に難しいので就職することにしました」

学費が免除される非課税世帯というわけでもなく、学校指定の学用品や、部活で必要なユニフォーム類もすべて新品でそろえていたK君。担任の先生が見る限り、彼の家にお金がないというイメージはありませんでした。しかしK君が言うには「大学受験から入学にかかる、100万円とも200万円ともいわれるお金を、払うだけの貯えが家にはないと親に言われた」とのこと。

続きを読む

このように、収入は普通にあるのに、貯えがないという家庭は意外に多いようです。なかには、年収1000万円なのに貯えゼロ…なんて人も。そこで今回は、「年収と貯金の関係性」についてみていくことにしましょう。

「年収」と「貯えゼロの割合」の関係は?

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に構成されています。国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。