「人気の職業」のはずなのに…婚活市場の問題児に「公務員」が多い理由

ご相談にいらっしゃる公務員の方の話を聞くと、公務員になった理由のトップが「親が公務員だから」「親に、『あなたは民間は無理。公務員になりなさい』と言われて」など親が言うからなったという方が非常に多い。

親の言うことを鵜呑みにし、親の顔色をうかがいながらいい子でいることがやめられないのです。親にとっては自慢の娘、自慢の息子かもしれないけれど、自分の意志で「〇〇がしたいからやる」と決めた経験が少なく、反抗期がない方も多い。

実家暮らしの方も多いのですが、「家があるから家にいる」と家から出る発想がないまま役所勤務になるのです。

似たような実家暮らしが多い職場であれば、実家暮らしを恥ずかしいとも思わなくなるのでしょう。

友人の旦那さんは公務員ですが、
「職場の独身男性が、行政主催の婚活イベントに参加したことをすべて親に報告している。だから結婚できないんだけど、そういうことを注意したらパワハラになるから言えない」
と言っておりました。

安定志向が強すぎ、成功するかどうかわからないことはチャレンジしない

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
田中 菊乃
  • 田中 菊乃
  • 恋愛・婚活コンサルタント/コラムニスト

29歳まで手抜きと個性を取り違えていたダメ女。低レベルからの女磨き、婚活を綴ったブログが「分かりやすい」と人気になり独立。ご相談にくる方の約4割は一度も交際経験がない女性。初めて彼氏ができただけではなく派遣からキャリアアップして正社員になったという方も多い。著書「あなたの『そこ』がもったいない。」他4冊。ご興味ある方は、ブログをご覧ください。