年収・資産が少ない層でも投資をする人が増えている~消える500万円の壁

年収・資産の多い人ほど投資をしている

投資をする人は、「年収の高い人」、「資産を多く持っている人」というイメージが一般的ではないでしょうか。

実際、フィデリティ退職・投資教育研究所のサラリーマン1万人アンケートで分析してみると、投資をしていると回答した人の比率は、年収300万円未満層では21.5%でしたが、500-700万円層になると47.3%に高まります。さらに1,000-1,500万円層では65.2%、そして2,000万円層では74.3%となっています。

続きを読む

一方、保有資産規模別でみると、投資をしていると回答した人の比率は100万円未満層で19.0%、500-1,000万円層では50.8%、2,000-3,000万円層で64.9%、5,000万円以上層では80.8%となります。

ここで興味深いのが、年収でも保有資産規模でも500万円を超えると、約半数の人が投資をしていると回答していることでしょう。言い換えると、年収でも保有資産規模でも500万円を超えるかどうかが投資をする際のカギといえますので、私はこれを「500万円の壁」と呼んでいます。

500万円未満の投資家が増加中

そうしたことを前提として、セグメント別の投資をしている人の比率を2016年の調査と比べてみます。その中で特徴的なのが、この「500万円の壁」の下セグメント、年収帯でいえば300-500万円層、資産額でいえば100-500万円層の変化幅が大きいことです。

年収300-500万円層の変化幅は2016年の29.9%から2019年の37.0%へと7.1ポイント上昇しました。300万円未満層(3.8ポイント上昇)、500-700万円層(5.4ポイント上昇)と比べて、大きな変化幅だということがわかります。

資産額でも100-500万円層は2016年の30.6%から2019年には39.8%へと9.2ポイントも上昇しました。500-1000万円層の10.1ポイント上昇には及びませんが、他のセグメントと比べると大きな変化であることがわかります。

積立投資の拡大が「500万円の壁」を取り払いつつあるのかもしれない

こうした変化はこれまで意識してきた「500万円の壁」が取り払われ始めたのではないかと感じさせるものです。その背景には、NISA(少額投資非課税制度)やDC(確定拠出年金)等が登場したことで、少額でできる積立投資が広がり始めているからではないでしょうか。

投資は「年収の高い人のもの」、「資産の多い人のもの」といった通念がやっと変わり始めたようです。

年収別・資産別の投資家比率 (単位:人、%)

拡大する

出所:フィデリティ退職・投資教育研究所、サラリーマン1万人アンケート、2019年

<<これまでの記事はこちらから>>

フィデリティ退職・投資教育研究所 所長 野尻 哲史

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

あわせて読みたい

野尻 哲史
  • 野尻 哲史
  • フィデリティ退職・投資教育研究所
  • 所長

国内外の証券会社調査部を経て、2007年より現職。アンケート調査をもとに個人投資家の資産運用に関するアドバイスや、投資教育に関する行動経済学の観点からの意見を多く発表している。
日本証券アナリスト協会検定会員、証券経済学会・生活経済学会・日本FP学会・行動経済学会会員。
著書には、『老後難民 50代夫婦の生き残り術』、『日本人の4割が老後準備資金0円』(講談社+α新書)や『貯蓄ゼロから始める安心投資で安定生活』(明治書院)などがある。
調査分析などは専用のHP、資産運用NAVIを参照