30~40代の5人に1人「貯蓄ゼロ」が深刻化!?貯蓄を増やす基本を身につけるには

お金が貯まらない人も、貯蓄を増やす基本を身につけて改善することができます。といっても、「貯蓄のためになにもかも我慢する」という訳ではありません。好きなものを全て諦めるのではなく、工夫をして賢く経済的に過ごすようにするのです。

たとえば、「ほとんど利用していない動画配信サービスの契約を見直す」というのは積極的にすべき節約ですが、「映画やドラマ鑑賞が好きなのに、愛用している動画配信サービスを解約する」というのはおすすめできません。サービスの利用がリフレッシュになっているのなら、決して無駄な費用ではないと言えるでしょう。

大切なのは、支出にメリハリをつけることです。こだわりのアイテムや趣味にはお金を使い、「その代わり、ワンシーズンで着られなくなるような服は買わないようにする」といったルールを決めるのもいいですね。お金の使いどころを見極め、ストレスの少ない節約に取り組みましょう。

まとめ

30~40代の約5人に1人は、貯蓄がない状態であることが分かりました。お金を貯めない生活が続くと、いざ「貯蓄に取り組もう」と思ってもなかなか金銭感覚を変えられない可能性が高まります。まずは「これなら我慢できそう」と思える項目から、少しずつ節約をする癖を身につけておきましょう。


【ご参考】貯蓄とは
総務省の「家計調査報告」[貯蓄・負債編]によると、貯蓄とは、ゆうちょ銀行、郵便貯金・簡易生命保険管理機構(旧郵政公社)、銀行及びその他の金融機関(普通銀行等)への預貯金、生命保険及び積立型損害保険の掛金(加入してからの掛金の払込総額)並びに株式、債券、投資信託、金銭信託などの有価証券(株式及び投資信託については調査時点の時価、債券及び貸付信託・金銭信託については額面)といった金融機関への貯蓄と、社内預金、勤め先の共済組合などの金融機関外への貯蓄の合計をいいます。

 

LIMO編集部

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。