30~40代の5人に1人「貯蓄ゼロ」が深刻化!?貯蓄を増やす基本を身につけるには

周囲に「お金がない」と嘆くと、「私も同じだよ」とフォローされた経験はありませんか?「お金がないのは自分だけでないんだ」と安心する一方、「本当にお金がないのかな」と疑ってしまう人もいるでしょう。

そこで今回は、30~40代の貯蓄事情を覗いてみました。貯蓄がない人は、実際どのくらいいるのでしょうか。

30~40代の貯蓄ゼロの割合

2019年3月にSMBCコンシューマーファイナンスが公表した「30代・40代の金銭感覚についての意識調査2019」から、30~40代の貯金状況を見てみましょう。なお、この調査は30~49歳の男女を対象に、1000名の有効サンプルを集めたものです。

続きを読む

この調査の結果、23.1%の人の貯蓄が「0万円(貯蓄ができていない)」であることが分かりました。さらに、24.6%の貯蓄が「1万円~50万円以下」と示されています。両者を合わせると、60.5%の人が貯蓄100万円以下という状況であることが分かりました。

その一方で、8.0%の人が「500万円超~1千万円以下」、9.8%の人が「1千万円超」の貯蓄を持っています。同じ年代でも、貯蓄の状況には大きな差があるようです。なお、上位数%の極端な値の影響を減らすため、上位・下位それぞれ10%のデータを除いて算出した相加平均は195万円でした。

貯まらない人の特徴とは?

働き盛りである30~40代でも、本当にお金がない人は決して珍しくないようです。彼らには、どのような共通点があるのでしょうか。貯金が少ない人の特徴を探ってみましょう。

・お金を大事にしない
お金に対して無頓着な人は、出費がかさんでも気にしない傾向にあります。そのため、貯蓄に充てるお金が残りにくくなってしまうのでしょう。反対にお金を大切にしている場合は、無駄遣いを減らし貯蓄に励む人が多く見られます。

・自己管理が苦手
自己管理がうまくできないと、「気になるものがあれば買ってしまおう」「あれもこれも食べよう」と不要なものまで買ってしまいやすくなります。なかには、ギャンブルやアルコールに依存してしまうケースもあるでしょう。自分を制する力が弱いと、お金をどんどん使ってしまうリスクが高まります。

・お金の計画を立てていない
貯蓄をスムーズに行うには、「何のためにいくら貯めるべきか」「毎月の収入からいくら貯蓄に充てるか」といった計画を立てることが大切です。なかなか貯蓄が増えない人は、このような計画を立てていない傾向にあります。

貯蓄を増やす基本は「メリハリ」

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。