うちの子ってもしかして「発達障害」?~5歳で「ADHD」と診断された我が家の息子の場合~

長男がADHDと診断されたのは、5歳と2ヶ月になった頃です。

4歳後半から「集団行動が取れなさすぎる」「衝動的な暴力がなおらない」との理由から、まずは通っている保育園の園長先生に相談をさせていただきました。
すると園長先生から「市区町村で行っている発達相談会へ行ってみてはどうか?」とアドバイスをもらい、さっそく予約して発達相談会へ。

発達相談会では小児科の先生や脳神経担当医の方々に直接子どもの様子を見てもらえるので、しっかりとアドバイスを頂こうと期待して行きましたが…。

期待とは裏腹に、初めての人や場所に興奮した長男は担当の先生に向かっておもちゃや鉛筆を思いっきり投げつけ、コントロール不能に!
私はただただ愕然として、今後この子をどうやって育てていけばいいのかわからなくなり、涙を流すしかありませんでした。

スタッフがなんとか長男を室外へと担ぎ出すと、担当の先生から「大学病院の小児脳神経科へ紹介状を書きますので」と一言いわれ、その後はトントン拍子で「ADHD」の診断に至りました。

発達障害かも?と思ったときのファーストステップ

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

紅茶とヨガとサーフィンと読書が好きな3児の母。子ども英会話教室運営や私立幼稚園の英会話教諭として働いていた経験から、幼児教育や日本の教育体制に強い関心を持つ。長男がADHDであり、発達支援や支援教育についても精通している。今後加速するテクノロジー教育をさらに広めるため、日々発信中!
Twitter:広瀬あゆみ