買っても買っても「着る服がない」!7つのコツで賢く服を買おう

セールにも行った!通販でも買った!クローゼットもパンパン!なのに、いざとなると「着る服がない!」女性ならこんな悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか?

その状態でまた服を買い足してみても、やっぱり着る服がないということになりかねません。そこで今回は、「着る服がない」から脱却するための賢い服の買い方をご紹介。お財布に優しくおしゃれさんになれるコツをまとめてみました。

どうして着る服がないの?

着る服がないということは、手持ちの服は「着たくない服」ということになります。では、どうしてその服を着たくないのでしょうか?

続きを読む

なんとなく気に入らない

着てみたら似合わない

TPOに合わない

デザインが流行遅れ

体型が変わってサイズが合わない

着古してみすぼらしい

など、服を着たくない理由は様々ですが、注目したいのは、「なんとなく気に入らない」「着てみたら似合わない」「TPOに合わない」の3つ。この3つの理由にこそ服を上手に買うためのヒントがあるんです。

「なんとなく気に入らない」のはなんとなく買っているから

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

正社員として6年間勤務の後、結婚を機に退職し、派遣社員として4年ほど勤務。出産を機に退職した後は、転勤族の夫に同行し赴任地で子育て奮闘中。小学生・幼稚園生の娘を育てながら、社会人時代の経験や家事・育児の経験を踏まえたリアリティのある記事を提供します。