収入アップのためにできることは何? 子育てママが感じる老後資金への不安

現代社会は企業などに属さなくても、たくさんの「稼ぐことができるコンテンツ」があります。クラウドソーシングサイトでは自宅にいながら仕事ができる案件もたくさんありますし、自分の時間を売り買いできるサイトで自分の特技を売ることもできます。

ハンドメイド作品をフリマサイトで売ったり、育児経験を活かしてベビーシッターとして活躍できるマッチングサイトがあったり、様々な選択肢があるのです。会社員として収入を得ながら副業で新たな収入源を増やすこともできますし、専業主婦が隙間時間に働き、世帯年収を増やすということも考えられます。

筆者も子供が小さく会社に所属して働くというのが今は難しいのですが、在宅でできる仕事にいろいろ挑戦しています。将来的に再就職することになっても、今の仕事は副業として続けられればさらに収入を増やすこともできると考えています。収入を増やすために働くことは「やる気」と「行動」さえ伴えば誰にでもできることなので、あとはストレスにならないような自分に合った仕事を探すことができると良いですね。

収入アップと老後も働ける力を身につけることが大切だと実感

収入が増えたからといって贅沢をしていてはいけませんが、気持ちに余裕ができて老後への不安も和らぐのは良いことだと思いました。また、老後も収入が得られるようなスキルやノウハウを今から身につけておけば、定年退職後から年金受給開始までの収入がない時期を穴埋めすることもできるので、これも安心要素となります。

新しい技術がどんどん導入され、移り変わりが激しい社会なので、実際は10年先のことでさえ予測するのも難しいものです。10年前にYouTuberという職業が想像できなかったように、今ある職業やスキルの需要が何十年も続くかは疑問ですし、今思いつくような職業は将来的には全く的外れなものかもしれません。

しかし、何もやらないよりは常に挑戦していたほうが時代の流れを敏感に感じ取ることができ、その時代の需要に合った仕事ができるようになるのではないかと思います。

おわりに

日本の将来がどうなるかは予想がつきませんし、自分自身の環境が変わる可能性もあります。そうなると「収入を上げて貯蓄を増やすこと」と「老後も働くための準備をすること」を今から始めるのは非常に重要なのではないでしょうか。

一昔前に比べると、リモートで柔軟に働くことができる環境になりつつあり、ひとつの職業にとらわれず、副業などでさまざまな仕事に挑戦しやすくもなってきています。老後まで続けられる仕事を現時点で見つけるのは難しいかもしれませんが、嗅覚を働かせてその時その時に合った仕事を見つけ、それに挑戦するフットワークの軽さとバイタリティがあれば、将来の不安を少しでも軽減できるのではないかと思います。

勝目 麻希

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
勝目 麻希

岐阜県出身。FP2級所有のライター。新卒でメガバンクに総合職として入行し、法人営業や国内法人決済部門で3年半働く。
その後結婚のタイミングで商社に転職し、出産後には一旦専業主婦になるが、家事・子育てだけではない「人生のやりがい」が欲しいと思い、自分のペースで働くことができるフリーランスのライターの道へ。
執筆内容は就労経験を生かした金融系記事がメインだが、たまに趣味のハワイ旅行記事なども。
主婦目線の貯蓄、運用、世帯年収の増やし方などに関心あり。