「貯蓄1000万円」or「年収1000万円」どっちを目指す?それぞれの生活を解説!

「貯蓄1000万円」と「年収1000万円」、あなたはどちらに魅力を感じますか?

同じ「1000万円を得ている状況」でも、「貯蓄1000万円」と「年収1000万円」では大きな差があります。

ストックかフローかの違いでどちらもうらやましく感じる状態ですが、それぞれの生活について、リアルな目線で解説していきます。

貯蓄1000万円あれば安心、とは限らない

総務省統計局が2019年5月に公表した『家計調査報告(貯蓄・負債編)-2018年(平成30年)平均結果-(二人以上の世帯)』によると、1世帯当たり貯蓄現在高(平均値)は1752万円となっています。

続きを読む

そのうち、勤労者世帯(二人以上の世帯に占める割合54.3%)の貯蓄現在高は1320万円と、いずれも1000万円を超えています。

ここで、年間収入階級別の貯蓄現在高を見てみましょう。(「2人以上世帯のうち勤労者世帯の年間収入階級別 貯蓄現在高」の表を参照)

拡大する

2人以上世帯のうち勤労者世帯の年間収入階級別 貯蓄現在高(出典:総務省統計局の資料を参考に編集部作成)

年間収入600万円までは、年間収入に比例して貯蓄できているわけではありません。しかし年間収入600万円以上になると年間収入に比例して貯蓄は増加傾向にあります。

貯蓄1000万円は、年間収入600万円で達成可能なようです。また年間収入400~450万円は貯蓄902万円と、年間収入450~500万円よりも貯蓄額が高くなっています。

「貯蓄が1000万円もあれば安心だ」と感じる方もいるかもしれませんが、実際はそうとも断言できません。

ここで押さえておきたいのは、「ネット負債」。

もし1000万円の貯蓄があったとしても、住宅ローンの残額が2000万円なら「ネット負債」となってしまいます。どんなに多くの貯蓄があろうとも、それ以上の負債を抱えている状態なら「何があっても安心だ」とはいえないでしょう。

また、今は非常に利子が低いため、銀行に預貯金として預けていてもお金は増えないのが現状です。仮にリスクを覚悟して年間20%の運用が実現できたとしても、1年で得られる超過利益は200万円。そこから利益を確定した際に発生する税金を考慮すると、さらに得られる金額は減ってしまいます。

「ネット負債」となる可能性や運用の限界を考えると、「貯蓄1000万円よりも年収1000万円の方が生活は豊かなのでは?」と考える人もいると思います。しかし、そうとも言い切れないようなのです。

年収1000万円ならどんな生活?

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験、ビジネスネットメディア運営経験者や大手ファッション誌や雑誌の元編集長、学習参考書などの書籍校閲・校正経験者、またWebマーケティングスペシャリストなどが編集や執筆作業を行い、運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディア運営経験者等を中心に立ち上げました。サブスクリプションモデルで一定の成功を収めていたLongineですが、グループ内で新サービスを展開ることとなり、多くの読者の声に惜しまれながらLongineのサービス自体は2020年3月に終了となりました。Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。