老後が不安な人が続出中!「70歳の平均貯蓄額」から今後の資産形成を考えよう

毎日の生活の中で、老後について考える時間はどのくらいありますか?「全く考えていない」という方は、定年退職が迫ってから焦りを感じることになるかもしれません。その時期から老後のための貯蓄を始めたとしても、十分な金額を備えるのはかなり難しいでしょう。

そんな状況に陥らないためにも、老後資金の予算や70代の貯蓄状況を知っておきましょう。あわせて知っておきたい、貯蓄のヒントもお伝えしますね。

70歳以上の貯蓄状況

続きを読む

定年退職を迎える時期には個人差がありますが、70歳を超えると多くの人が現役を引退しているはず。では、70歳以上の世代はどのくらいの貯蓄があるのでしょうか。知るぽるとによる「平成30年(2018年)家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査]」をもとにみていきます。

この調査の結果から、金融資産をもっていない世帯を含む70歳以上の貯蓄平均額は1780万円、中央値は700万円と分かりました。また、貯蓄額ごとの割合は以下のようになっています。

3000万円以上:18.3%
2000から3000万円未満:9.6%
1500から2000万円未満:5.6%
1000から1500万円未満:8.7%
700から1000万円未満:4.8%
500から700万円未満:6.3%
400から500万円未満:1.9%
300から400万円未満:2.7%
200から300万円未満:2.6%
100から200万円未満:1.7%
100万円未満:2.5%
金融資産非保有:28.6%
※無回答:6.7%

驚くことに、28.6%もの世帯が金融資産をもっていないことが判明しました。その一方、3000万円以上の金融資産も2割近く存在します。これらの状況をふまえ、老後の貯蓄状況は二極化が進んでいるといえるでしょう。

老後を不安視する人々

先ほどのデータを見てみると、老後の貯蓄に対する焦りを感じた人もいるのではないでしょうか。金融広報中央委員会が2018年11月に発表した「家計の金融行動に関する世論調査 [二人以上世帯調査]」でも、老後に不安を感じている人の多さを知ることができます。

この調査では、「老後の生活への心配がどのくらいあるか」という問いに以下のような回答が寄せられました。

【老後の生活について】
「非常に心配」…36.2%
「多少心配」…43.0%

【老後の生活が心配な理由】
「年金や保険が十分ではないから」…72.6%
「十分な金融資産がないから」…69.0%

ご覧のように、8割近くの人が老後の生活に不安を抱えています。「年金や今の金融資産だけで生活を送れるのか」といった悩みだけでなく、「今の生活に余裕がなく、老後に備えた貯蓄をしていないから」「退職一時金だけでは足りないから」という回答も。年金や退職金だけを頼りにはできない、という現状がうかがえます。

老後の不安を和らげてくれるiDeCo

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。