高学歴でお金があっても婚活市場で敬遠される、残念な男性の4つの特徴

copy URL

高学歴で高収入の適齢期の男性ならば、婚活市場では「勝ち組」になりそうなものです。しかし、そんな好条件の男性であっても結婚できない人がいるのも事実。このような男性にはどんな問題点があるのでしょうか。

プライドが高く自慢話ばかり

高学歴で高収入の人は子供の頃から優秀で、周りから褒めそやされて育ってきたケースも多く、知らず知らずのうちにプライドが高くなってしまうことも。自分が常に人より優れていると思い込み、お付き合いを考えている女性の学歴や働いている会社、収入などを見下すような発言や態度をとってしまうと、当然ですが女性からは敬遠されます。

続きを読む

また、プライドが高い人は自分の話が多くなりがちです。女性も最初は興味を持って「すごーい!」と言ってくれるかもしれません。しかし、あまりにも自分の話ばかりで会話にならなかったり、女性に質問しなかったりと上手く会話のキャッチボールができなければ、いくら高収入でも愛想をつかされてしまうでしょう。

自分のペースを崩されるのを極端に嫌う

高収入の独身男性は、お金を自分に使える分、趣味や付き合いも多く、土日の過ごし方など自分のペースが確立してしまっている人がいます。たとえば、平日は飲み会、毎週何日かはジム、週末はゴルフ、日曜日は月曜からの仕事に備えて1人でリラックスして過ごすなど自分のやりたいこと優先で、付き合っている彼女に会うのは二の次というパターン。

彼女の要望に合わせて予定を変えたり、歩み寄る姿勢を見せなければ「ゴルフや飲み会には行くのに自分との時間は作ってくれないなんて、自分は大切にされていない!」と思われてしまいます。

浪費グセがあり貯金できない

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験、大手メディア運営経験者や大手ファッション誌や雑誌の元編集長、学習参考書などの書籍校閲・校正経験者、またWebマーケティングスペシャリストなどが編集や執筆作業を行い運営をしています。また、編集体制としての金融コンテンツ編集者のバックグラウンドは、金融機関勤務経験年数は延べ30年(2021年7月1日現在)で、編集者として日本証券アナリスト協会認定アナリスト(CMA)、第一種外務員(証券外務員一種)、AFPなどの金融プロフェッショナルとしての資格保有者が在籍しています。ネットメディアとしての沿革は、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディア運営経験者等を中心に立ち上げました。サブスクリプションモデルで一定の成功を収めていたLongineですが、グループ内で新サービスを展開ることとなり、多くの読者の声に惜しまれながらLongineのサービス自体は2020年3月に終了となりました。Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。