60代モデル世帯は月7万円の赤字…提言なくても年金だけでは足りない老後資金

金融庁の、老後に2000万円の資産が必要とする報告書が話題になっています。

厚生労働省が2018年に公表した「平成29年簡易生命表の概況」によると、日本の平均寿命は男性で81.09年、女性で87.26年となり、男女ともに過去最高を更新しました。「老後資金ってどのくらい貯めておけば良いの?」「やっぱり、長い老後を年金だけで乗り切るのは無理なのか…」と不安に感じている人も多いのではないでしょうか。

年金はいくらもらえるのか

続きを読む

厚生労働省が19年1月に公表した「平成31年度の年金額改定についてお知らせします」によると、平成30年度および31年度における新規裁定者(67歳以下の年金受給者)の年金受給例は下記のようになっています。

国民年金の数字は満額受給者1人分です。厚生年金は「夫が平均的収入42.8万円で40年間就業し、妻がその期間すべて専業主婦であった世帯」をモデル世帯としています。このデータを見る限り、国民年金のみで生活していくのは非常にきびしいかもしれません。

老後の生活に必要なお金はどのくらい?

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。