外出先は危険だらけ…ママたちが目撃した信じられないマナー違反

外出先で、よその車や自転車の危険運転に驚いた経験はありませんか?子育て中のママからすると、「いつか子どもが巻き添えになるかも」と心配になってしまいますよね。

今回は、そんな「信じられない危険運転」や「マナー」についてお伝えします。マナーがなっていない親子に対する対処法も、一緒に学んでおきましょう。

自動車や自転車の危険運転

まずは、実際にママたちが目の当たりにした危険運転をご紹介します。

・「子どもを乗せて車を運転していると、後ろから煽られることがあります。抜かす瞬間に睨んでいく人も。私はただ安全運転しているだけなのに」

続きを読む

・「ヘルメットをしていない子どもを、自転車に乗せているママがいます。子どもはイスから立ち上がり、今にもバランスを崩して落ちてしまいそう。それなのに、親はなにも言わずに放置しています」

・「抱っこひもをしたまま自転車に乗っているママがいてビックリ。なかには、カゴに大量の荷物を乗せた状態で運転しているママもいましたよ。ニュースでさんざん死亡事故が報道されているのに」

危なっかしい運転は、見ているこちらがヒヤヒヤしてしまいますよね。とくに自転車は、気軽に乗れるぶん気が緩んでしまうことも。いま一度、ご自身の運転を見直してみましょう。

スーパーにも危険がいっぱい

危険が潜んでいるのは、道路だけではありません。頻繁に利用するスーパーでさえ、事故が起きる可能性もあるのです。実際にスーパーで危険な目に遭ったママたちに、その体験談をうかがいました。

・「スーパーで買い物をした後、車に荷物を乗せようと手を離した途端に子どもが走り出してしまいました。ダッシュで追いかけて捕まえた瞬間、目の前を車が通過…。あと1歩遅ければ、大事故になっていたかもしれません」

・「店内で一瞬手を離したら、そのすきにどこかへ消えてしまった娘。焦って探していると、『店の外に走っていきましたよ』と警備員さんが娘を抱えてきてくれました」

・「ぐずった娘がいきなり走り出し、男性客にぶつかって転倒。唇を切る怪我をしました。私が悪いのに、相手の方はずっと謝ってくれました」

どのできごとも、手を離さなければ防げる内容ばかりでしたね。ほんの少し手を離しただけで、子どもはすぐに移動してしまいます。たとえよく利用しているスーパーでも、しっかり気を引き締めておきましょう。

マナーを守らない親子への対応

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

あわせて読みたい

LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に構成されています。国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。