ボーナス貯金で簡単に!1年で100万円貯金は難しいことじゃない

なかなか貯金ができない状況を、収入額のせいにしていませんか?たしかに、つい「収入がもう少し高かったら、もっと貯金できるのに…」と思ってしまいますよね。

でも、たとえ手取りの月給が20万円ほどでも、手順を踏んで取り組めばしっかり貯金することができるのです。では、一体どんな取り組みをすればいいのでしょうか。

手取り20万円からでもできる!1年で100万円を貯める方法

まずは、手取り20万円で年間100万円の貯金に成功した女性が実践した、具体的な方法をご紹介します。

続きを読む

家計簿の見直し

家計簿をつけていると、収入と支出のバランスを知ることができます。1日の出費をノートに記入するだけでいいので、まずは1カ月継続して記録するようにしましょう。隠れている無駄遣いを発見するきっかけにもなりますよ。

自動積立預金を活用する

強制的に貯金をするべく、銀行の自動積立預金を設定しました。意志の弱さに不安を感じていたものの、これにより毎月2万円を貯めていくことに成功したとのことです。

無駄遣いを改める

自動積立預金の金額をさらに増やすため、無駄遣いを減らすよう取り組みました。家計簿によって家計の内訳は明らかになっているので、気になった項目を徹底的に改善していったのです。

食費を減らすために自炊に取り組み、化粧品にかける費用も節約。動画配信サービスなどの契約も必要最低限のものだけに絞りました。こうすることで、自動積立預金の設定額を毎月2万円から3万5000円にアップすることに成功したのです。

ボーナスはすべて貯金

目標の100万円を貯めるべく、ボーナスや臨時収入は全額貯金に充てました。毎月の貯金だけでは目標に届かない場合、このようにボーナスの力を借りるのも大切です。

貯金を決めたらまずすべきこと

「さっそく私も貯金を始めよう!」と決心しても、なかなか続かない・・・なんてこともあると思います。そこで、貯金を決めた方にぜひ取り組んでほしいことをご紹介します。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験のある編集者やライター、ビジネスネットメディアやファッション誌、業界紙での編集・執筆、書籍校閲・校正経験のあるメンバーで運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げました。Longineのサービスは2020年3月に終了となりましたが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。