ボーナス貯金で簡単に!1年で100万円貯金は難しいことじゃない

計画を立てる

お金をスムーズに貯めていくためにも、まずは計画を立てておきましょう。目標額だけではなく、ゴールにする時期も一緒に考えておくのがポイントです。1年で100万円を貯める計画の作り方は、後ほど詳しくご紹介しますね。

固定費の節約

固定費が抑えられると、その分貯金に充てるお金も継続して増やすことができます。なかでも、保険料は見直す価値のある項目。保障内容の重複や過剰な保障になっていないかなど、保険内容を再確認してみましょう。

有料サービスを見直す

新聞や雑誌などの有料サービスは、無料サイトを活用して似た情報を得られる可能性もあります。動画見放題のサービスも「無料のサービスで十分だった」というケースも珍しくありません。

ほかの方法で代用できないか、利用頻度が減っているのに利用料を払い続けてはいないかなど、改めて契約状況を確かめておきましょう。

「貯金計画」の作り方

最後に、1年間で100万円貯める計画の立て方をご説明します。土台となるのは「ボーナス月」です。ボーナスからいくら貯金に充てるのかを考えましょう。

仮に「6月と12月のボーナスで各30万円貯金する」と決めると、残りの40万円を毎月貯めていくことになります。3カ月ごとに分けると、3カ月で10万円というペースです。

つまり、3カ月ごとに10万円貯金し、かつボーナス月である6月と12月は追加で30万円を貯める計画となります。1カ月単位でみると、3万3000円の計算に。生活費をうまく調整しながら、計画に沿って貯金していきましょう。

まとめ

家計簿をただ記入しているだけでは、その効果を発揮することができません。定期的に見直してこそ、無駄遣いの部分が発見でき、家計の改善に役立つのです。「今の状況では貯金なんて無理」と決めつけず、まずは改善点を見つけ出すよう取り組んでみてくださいね。

LIMO編集部

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。