年収2000万円超! 高収入女性に聞いた仕事の葛藤とお金を貯める目的

年収2000万円と聞くと、どういう人なのか気になりますよね。特にそれが女性だと、どういうイメージを思い浮かべるでしょうか。今回は2000万円以上稼ぐ高収入女性に、仕事に対する考え方や資産形成に対する思いを聞いてみました。すると彼女たちは何もスーパーウーマンというわけではなく、私たちと同じように悩みやコンプレックスを抱えて生きている女性でした。

自分に自信はないが働くことにプライドはある

ある外資系金融機関で働く女性Aさんは、「本当は自分自身、とても根暗で引っ込み思案、ネガティブ思考で常に自信がない」と語ります。彼女の見た目や仕事ぶり、話し方や普段の振る舞いを見ていると、とてもそうとは思えませんでした。しかしそれは、彼女が就職のことを意識した大学時代の大きな葛藤とそれを乗り越えた経験から来るものだったのです。

続きを読む

彼女は大学時代の就職活動の一環で、自己分析というものを初めて体験しました。本に書かれた質問に答えつつ、自分の過去を深堀りし、性格や強み、弱み、将来に対する考え方や働くモチベーションなどを探す、いわば自分の研究です。

「自己分析を通じて自分のことを知っていくたびに、何もできない自分に驚きとショックを感じた」と言います。とはいえ彼女は学歴としては申し分ない大学に入っていますし、留学経験があるので語学も堪能です。

しかし、「就活で皆と話していると、スポーツで賞を取った話とか、すでに学生のときから起業している人とか、帰国子女で外国語が3か国語話せる人とか、海外の大学に行っていた人など、さまざまな人に出会う。そのたびに、自分には何があるだろうと思って泣きたくなった」と語るAさん。

「そんな自分でも評価してくれる会社にいきたいという気持ちと、何かここで人より秀でたものを見つけないと一生コンプレックスを抱えて生きることになると思った」と言います。

そこで彼女が選んだのは外資系金融。30代になる前に年収2000万円を超えることもある、と友人から聞いたことがきっかけ。「年収2000万円稼ぐ女っていうだけで、誇りが持てるような気がした」とのこと。確かにそこまで稼げる人はかなり少なく、その中でも悲しいことに今の日本では女性の割合は非常に低いでしょう。

「今でも自信があるわけではないし、コンプレックスが完全に消えたわけではない。けれど、自分の仕事とそれに対する報酬に対してプライドを持って働くことができる。だから働くモチベーションはコンプレックスなのかも」と語ってくれました。

自分の労働への対価だからできるだけ高くあってほしい

とある証券会社で働く女性Bさんは、自分より上級職の人を抜いて年収2000万円超え。会社の体質もあって、女性だということで同期の男性たちより成績がよくても昇格は後回しになっていました。しかし、営業成績は同期の中でもトップクラスだったため、同期で部長などの管理職をしている男性よりもはるかにお給料はもらえていました。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

FP保有の金融系ライター。スポーツと音楽が趣味。金融機関勤めで得た知識と経験で、貯金・節約から投資までお金に関する悩みに向き合う。