この兆候はヤバい! 車の違和感を放置してゾっとした3つの体験

車を運転しているときに、「あれ? いつもと違うかも」と違和感を覚えることがあっても、走行に支障がなければ、「気のせいかな?」で済ませてしまう人も少なくないようです。しかし、そんな違和感を生む原因がトラブルや事故を招き、命を奪ってしまうことさえあります。

そこで今回は、筆者が違和感を覚えたにもかかわらず放置した結果、「一歩間違えれば事故になりかねなかった…」と、ゾッとしたリアルな経験をお伝えします。皆さんの参考になれば幸いです。

続きを読む

タイヤを交換したら、なんだかブレーキの効きが悪くなった

カー用品店でタイヤ交換をしてから、ブレーキをかけても少し滑ってから止まると感じるようになり、ブレーキが効きにくくなったような違和感がありました。

けれど、当時よく助手席に乗っていた人に「この車って、ブレーキが効きにくくない?」と尋ねたところ、「こんなもんだろ、気にしすぎ」と言われてしまったため、自分の違和感にフタをしてしまったのです。

筆者が尋ねた人は、頻繁に筆者の助手席に乗ったり筆者の車を運転したりしていましたし、自分で別の車も運転していましたので、その人に違和感がないのなら…と思ってしまいました。

また、それからしばらくはあまり運転する機会がなかったことも、ブレーキの違和感を放置する原因となったのです。

そして、久しぶりに運転したときのこと。

前方の車が急ブレーキをかけたので慌ててブレーキを踏んだところ、タイヤが滑るような感じになって止まるのが遅れ、目の前には「ぶつかっているんじゃないか?」と思うほどの距離に前の車がありました。

事故に至らなかったからよかったものの、ハンドルを握っている手は震え、体内の血がひんやりと感じられたかと思った次の瞬間、心臓が口から飛び出してきそうな勢いで鼓動を打ち、全身が嫌な汗でぐっしょり…。

このあと、嫌な気持ちが晴れないまま入ったガソリンスタンドで「なんか、ブレーキの効きが悪い気がするんですけど、特に問題ないですよね?」と無意識に聞いた私の耳に、予想もしていなかった言葉が返ってきました。

「タイヤのサイズ、1本だけ違っていますよ。これじゃあ、ブレーキの効きも悪くなりますよね」

…そう、筆者はとても危険な状態で車を走らせていたのです。

車検後、ブレーキに違和感を覚えるように

車検が終わってすぐ、ブレーキをかけても一瞬「ふわっ」という感覚のあとに車が止まるような違和感を覚えました。

以前、ブレーキの効きが悪かったときにタイヤのサイズが違っていたこともあり、今度はすぐにカー用品店に相談したのですが、「ブレーキパットも減っていないし、特に問題はないと思います」と言われ、「そうかなぁ…?」と腑に落ちないまま運転することに。

しかし、しばらくしてディーラーから無料点検のハガキをもらい、ブレーキの違和感についてなんとなく話してみたところ、ブレーキのホースの中に空気が入っていることが判明したのです。

「普通に運転をしていて空気が入るところではない場所」という説明があり、車検のときぐらいしか思い浮かばなかったことも怖かったです。

さらに、「ホースの中に空気が入っているとブレーキの効きが悪くなるため、急ブレーキをかけたときに思うように止まれない可能性もあり危険」との説明もあり、ゾッとしました。

タイヤが軋むように感じていたのに…

最後に紹介するゾッとした経験は、冬の山道で起きました。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

3人の子ども(21歳・17歳・8歳)のシングルママ。
現在は、主にライター業務を中心に、接客改善業務にも携わりつつ日本全国を徘徊中。
接客改善業務の経験や金融会社での勤務経験、過去の波乱万丈な経験なども交えつつ、読者の暮らしに役立つリアルな情報提供を心がけている。
コミュニケーションに関する記事のほか、レジャーや旅、暮らしや妊活、ママ向け記事やインタビュー、経営者向けの記事、食の資格を生かした記事など幅広く執筆中。