日本の富裕層の定義と割合。彼らは何に投資しているのか?

お金持ちの人と多く関わっていると、彼らの特徴がみえてきます。実際に富裕層によく接している金融機関勤務者によると、次のような共通点があるといいます。

派手な服装ではない

自分に対する自信を持っている金持ちは、わざわざブランドものをアピールする必要がありません。そのため、ごく普通の服装をしているケースが多いそうです。

むやみに争わない

低レベルの争いごとは、時間と体力の無駄だと考えています。それに加え、争っている姿は周囲からのイメージダウンにもつながる恐れがあるため、争いに巻き込まれそうなときは相手と距離を取ったり、お金で解決したりする傾向にあります。

自分なりのこだわりがある

お金持ちには自分の価値観をしっかり持っている人が多く、自分の考えに合わないものには反発する場面も珍しくないといいます。見方によっては、我が強いと受け取られることもあるようです。

富裕層はお金についてどう考えている?

多くのお金を持っている人は、お金に対してポジティブなイメージを持っています。先述の金融機関関係者によると、富裕層は「お金に対する向き合い方」にこだわっているのが特徴だそう。お金が好きだからこそ、集めるために努力を重ね、お金の使い方をしっかり考え、大事にしているといいます。

反対に「お金を得るには犠牲が必要だ」「お金持ちだと税金が高い」といったマイナスな考え方ばかりしていると、お金がどんどん遠ざかってしまうかもしれません。

日本には古くから「貧しいほうがいい」というイメージが漂っています。しかし、このイメージはもう過去のもの。お金に対するネガティブなイメージは捨てて、お金が集まりやすい前向きな考え方をしていきましょう。

LIMO編集部

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験、ビジネスネットメディア運営経験者や大手ファッション誌や雑誌の元編集長、学習参考書などの書籍校閲・校正経験者、またWebマーケティングスペシャリストなどが編集や執筆作業を行い、運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディア運営経験者等を中心に立ち上げました。サブスクリプションモデルで一定の成功を収めていたLongineですが、グループ内で新サービスを展開ることとなり、多くの読者の声に惜しまれながらLongineのサービス自体は2020年3月に終了となりました。Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。