貯金があたりまえの人に近づく、貯金体質になるコツ3選

お金をどんどん貯めたいのに、貯金額が一向に増えずに悩んではいませんか?ちょっとしたコツを掴めば、貯金が得意な「貯金体質」になることができます。そこで今回は、お金を増やしたい人にぜひ知っておいてほしい、貯金のヒントをお伝えします!

貯金体質になるコツ

お金を増やしたい方は、まず貯金体質になる取り組みから始めましょう。ここでは、具体的な方法をご紹介します。

給料日に1カ月の支出予定を確認

給料が支払われたら、その月に必要な支出額を算出しておきます。家賃や光熱費などの固定費に加え、クレジットカードの引き落とし、冠婚葬祭などの特別出費も含めて計算しましょう。

続きを読む

その合計額を給料の手取り額から差し引くと、1カ月に使える余裕資金が把握できます。それを食費や交際費などの項目に割り当て、お金が足りなさそうなら節約にも取り組みましょう。つい使いすぎてしまう美容費や衣服費なども、こうして「今月はいくらまで使える」と決めておけば無駄遣いを防止できますよ。

固定費に着手する

貯金に充てるお金が生み出せないほど余裕資金が少ない場合は、固定費の見直しを行ないましょう。なかでも携帯料金は、大手キャリアから格安SIMに変更するだけで料金を大きく抑えられるケースがあります。

また、契約している保険の内容を確認すると、必要以上の保障になっていると気が付くことも。公的医療制度や失業保険の保障も考慮しながら、今の保険料を抑えられないかチェックしてみましょう。

副業で収入を増やすのも手

お金を増やすには、支出を抑えるだけでなく「収入を増やす」という手段も有効です。ランサーズ(株)が発表した「フリーランス実態調査2018年版」によると、副業でフリーランスをしている人は過去最高の744万人。その経済規模は約8兆円にもなります。

フリーランスの人はこれからも増え続けるのではと言われており、副業をしている人はもう珍しくありません。「なかなか給料が増えない…」と悩んでいる方こそ、副業で収入を増やしてみてはいかがでしょうか。

初心者でも始めやすい「つみたてNISA」とは

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に構成されています。国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報ををわかりやすくお届けします。