ママたちの目撃談「本当にあったよその子やママ友のマナー違反」

ママ友やその子どもの行動に、思わず目を疑った経験はありませんか?大人なら誰でも理解しているはずのマナーを破る、それどころか平然とした顔で過ごしている…。そんな場面に出会ったとき、どう対処するのが正解なのでしょうか。ママたちの目撃談や考えをみていきましょう。

本当にあったマナー違反例

まずは、どのようなマナー違反が存在するのかを知っておきましょう。実際にマナー違反をしている場面に遭遇したママたちに、当時の状況を振り返ってもらいました。

続きを読む

・「子どもが乗っているからスピードを落として運転していると、後ろから煽られることがあります。さらには、私を睨みながら抜かしていくことも。安全運転をしているだけなのに煽るなんて、怖すぎです」

・「『子どもがいると大変だから』という理由で、駐車場を利用しないで路上駐車をして保育園に来る人がいます。正直、すごく邪魔だし危ない!」

・「子どもを抱っこひもで抱っこしたまま、自転車に乗っている人がいました。しかも、大量の荷物を乗せた状態で。これだけニュースで自転車事故が報道されているのに…信じられません」

実際に遭遇したときの対処法

続いて、マナー違反の場面に遭遇したときの対処法を学んでおきましょう。実際にうまく対処したママに、気をつけるべきポイントをうかがいました。

・「息子の友達に、おやつを何度も要求する子がいたんです。息子に『もっと持ってきて』と指示したり、『家でおやつを食べてこなかった』とアピールしたり。私には遠慮しているようなので、『今度からは息子じゃなくて私にお願いしてね』と伝えました。相手の親に『アレルギーはありませんか?』と手紙で質問したら、おやつを持参するようになりましたよ」

・「うちの門限は17時なのに、いつまで経っても帰らない友達に悩んでいました。向こうの親からの挨拶もありません。だんだん腹が立ってきたので、『うちは門限が17時なの。ママにも伝えてね』と頼んでおきました」

・「近所にいる『放置子』が、わが家に遊びに来たがっていました。公園で私の息子を見て『一緒に遊んであげる』といってきたことも。ちょっとかわいそうですが、『気持ちは嬉しいけど、うちでは遊べないよ』と断りましたよ」

このように、角は立てないように、かつハッキリと意志表示をして断る方が多いようです。相手の親とトラブルにならないよう、伝え方には十分注意しておきましょう。

「各家庭のしつけの考え方」に注意

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。