お金を貯める正念場は30代、40代!?年代別「貯蓄と借入金」平均額

貯蓄額や借入額は、世代によっても大きな差があります。今の自分の年代はどのくらいお金を貯めているのか、今後はどのくらいのペースで貯蓄を増やしていくべきなのか。それを知るには、年代別のデータが参考になるでしょう。そこで今回は、貯蓄や借入金の世代別平均額をご紹介します!

年代別「貯蓄と借入金」平均額

厚生労働省の「平成28年 国民生活基礎調査の概況」を参考に、1世帯あたりの貯蓄や借入金の状況を世代別に見てみましょう。

続きを読む

29歳以下

平均貯蓄額:154万円
平均借入金額:263万円
平均借入金額が平均貯蓄額を上回っています。社会人生活が始まったばかりの年代のため、貯蓄額はまだまだ少なめの結果でした。

30代

平均貯蓄額:403万円
平均借入金額:865万円
20代に比べて貯蓄額がアップしましたが、借入金額も多くなっています。結婚や出産、マイホームの購入といったライフイベントが続き、ローンを抱える世帯が増える時期なのでしょう。

40代

平均貯蓄額:652万円
平均借入金額:862万円
住宅ローンなどの返済や教育資金の負担が大きい時期でもあります。お金をかけるべき項目、節約する項目の見極めが重要です。

50代

平均貯蓄額:1049万円
平均借入金額:581万円
ここにきて、平均貯蓄額が1000万円を突破。借入金も徐々に減ってきて、経済的な余裕も出てくる頃です。本格的に老後資金と向き合う時期とも言えるでしょう。

60代

平均貯蓄額:1337万円
平均借入金額:251万円
この調査の中で、最も平均貯蓄額が多い年代です。住宅ローンもある程度片付き、いよいよ老後生活のスタートですね。

70代

平均貯蓄額:1260万円
平均借入金額:134万円
60代でピークを迎えた平均貯蓄額も、70代ではやや減少しています。定年を迎えた後、貯蓄を取り崩しながら生活している世帯が多いのかもしれません。

この結果を踏まえると、平均借入金額の多い30代、40代が踏ん張りどころであることがうかがえます。さらに、ここを乗り越えたあとは老後資金も考えなければなりません。将来の金銭的負担を和らげるためにも、若い頃にしっかりお金を貯めておきましょう。

お金を貯めるために実践すべきこと

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。