お金を貯める正念場は30代、40代!?年代別「貯蓄と借入金」平均額

先ほどのデータを見て、「将来に備えて、もっとお金を貯めなければ」と感じた方も多いのではないでしょうか。そこで、誰でもできるお金が貯まる方法をご紹介します。

支出の状況を知る

自分が毎月何にいくら使っているかを把握することで、無駄遣いを抑えるきっかけが生み出せます。会計の際にはレシートを受け取り、毎日ノートに記録しておきましょう。1日に1回その日の出費を振り返ることで、「今日はお金を使いすぎた」「明日から食費を節約しよう」といった意識も芽生えますよ。

お昼ご飯を持参する

仕事がある日のお昼ご飯を外食からお弁当に替えるだけで、食費を簡単に抑えることができます。たとえば、これまでランチ代に1回1,000円払っていた場合、1カ月にすると20,000円にもなります。1回300円ほどでお弁当を作れば、1カ月で1万円以上の節約に。それを貯金に充てれば、1年で12万円以上も貯められます。

クレジットカードの利用を控える

現金のやり取りがないクレジットカードでの買い物には、お金を使った実感が薄れるという落とし穴があります。無駄遣いを防ぐためにも、クレジットカードの利用を一度止めてみましょう。実際に手元のお金が減る様子を見ることで、お金を使うハードルが自然と上がるでしょう。

まとめ

ライフイベントが集中する30代から40代は、支出が増える時期でもあります。予定されている出費だけでなく、突然の怪我や病気にも備え、お金はしっかり貯めておきたいところ。毎日の生活を振り返り、節約できる場面がないかを探してみましょう。

【ご参考】貯蓄とは
総務省の「家計調査報告」[貯蓄・負債編]によると、貯蓄とは、ゆうちょ銀行、郵便貯金・簡易生命保険管理機構(旧郵政公社)、銀行及びその他の金融機関(普通銀行等)への預貯金、生命保険及び積立型損害保険の掛金(加入してからの掛金の払込総額)並びに株式、債券、投資信託、金銭信託などの有価証券(株式及び投資信託については調査時点の時価、債券及び貸付信託・金銭信託については額面)といった金融機関への貯蓄と、社内預金、勤め先の共済組合などの金融機関外への貯蓄の合計をいいます。

LIMO編集部

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。