富を自然に引き寄せられる「お金持ちの考え方」4選

メディアで取り上げられていることはあっても、実際に見る機会が少ない富裕層の人たち。「日本には一体どのくらいの富裕層がいるんだろう」と気になる方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、日本にいる富裕層の割合をお伝えします。富裕層の人の生活もチェックしてみましょう!

日本に富裕層はどのくらいいる?

日本国内にいる富裕層は、どのくらいの割合で存在しているのでしょうか。野村総合研究所(NRI)が2016年11月に公表した、2015年の「純金融資産保有額別世帯数と資産規模」の推計をみてみましょう。NRIは、以下のように富裕層を定義しています。

続きを読む

超富裕層:世帯の純金融資産保有額が5億円以上
富裕層:世帯の純金融資産保有額が1億円以上5億円未満
準富裕層:世帯の純金融資産保有額が5000万円以上1億円未満
アッパーマス層:世帯の純金融資産保有額が3000万円以上5000万円未満
マス層:世帯の純金融資産保有額が3000万円未満

超富裕層には7.3万世帯が、富裕層には114.4万世帯が当てはまります。割合にすると、超富裕層は全体の0.1%、富裕層は全体の2.2%となっています。この結果から、国内の富裕層の割合は両者をあわせた合計2.3%であると言えるでしょう。

なお、金融資産とは預貯金、株式、債券、投資信託、一時払い生命保険や年金保険などで、不動産は含みません。また、純金融資産とは保有する総金融資産から負債を差し引いたものです。

富裕層はどのような生活をしている?

富裕層がどんな生活を送っているのか、想像したことはありませんか?実は、富裕層の人をターゲットにした「富裕層ビジネス」というものが存在するのです。ここでは超高級車や高価なアクセサリー、高額な旅行プランなどを扱っており、「本物を追究したい」という富裕層の理想を実現させるビジネスを手掛けています。

さまざまな人から営業を受ける富裕層の人たちにとって、「相手が信頼できるかどうか」は重要なポイント。富裕層ビジネスに関わる人には、「富裕層特有の不安を解消できるか」が求められているのです。

富を引き寄せるお金持ちの考え方4選

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験、ビジネスネットメディア運営経験者や大手ファッション誌や雑誌の元編集長、学習参考書などの書籍校閲・校正経験者、またWebマーケティングスペシャリストなどが編集や執筆作業を行い、運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディア運営経験者等を中心に立ち上げました。サブスクリプションモデルで一定の成功を収めていたLongineですが、グループ内で新サービスを展開ることとなり、多くの読者の声に惜しまれながらLongineのサービス自体は2020年3月に終了となりました。Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。