ドルコスト平均法で投資初心者がハマる落とし穴とは

copy URL

「つみたて投資」をはじめ、「つみたてXXX」というようなキーワードをよく目にするようになりましたが、その際に一定金額を定期的に投資する際には、資産価格が上昇するという可能性が高いものを選択する必要があります。

つみたて投資において、外国株式のインデックスファンドをおすすめする人をよく見かけますが、これは「過去」において、資産価格が右肩上がりで上昇してきたことを背景としているのでしょうが、これは過去の話であって、未来の話ではありません。

外国株式インデックスファンドでどんなリスクをとっているのか

海外先進国株式のインデックスファンドの内容を見るとその多くの割合が米国株に投資をしていることになります。この点は留意しておくべきでしょう。インデックスファンドに投資をしているといって自分がどんなリスクをとっているのかは知っておくべきでしょう。

世界経済の拡大ペースは日本経済の拡大ペースよりも高いという前提に立てば、世界株式を保有するということは合理的な判断といえます。

しかし、株価にはバリュエーションという株価評価があり、必ずしもファンダメンタルズが反映されているとは限りません。仮に、日本経済が1980年代後半に経験したバブルという状況であれば、株価は長期に下落することがあります。いずれにせよ、過去の株価を語るのは、車のバックミラーを見て運転するのとさして変わりがありません。

青山 諭志

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

慶應義塾大学卒業後、国内大手及び外資系大手金融機関に合わせて10年以上勤務し、株式市場を中心にマーケット関連の仕事に従事。その後独立。金融機関では主にアナリストとして企業や産業調査活動に従事。調査内容としてはミクロ・セミマクロが主な分析対象だが、好きなのはマクロ分析。記事で取り扱うテーマはマーケット、企業分析といった株式市場関連の分析や貯蓄といった個人の資産運用(パーソナルファイナンス)を取り扱う。最近は「富の分配」問題や「お金持ち」である富裕層研究にも時間を割いている。その他に興味のある分野はブロックチェーン技術とゲノム(ジーノム)。Twitter:SatooshiX