手段を選ばない節約は逆効果?やってはいけない節約とは

子どもの教育費、マイカーやマイホームの購入、老後の備えといった目的のため、貯蓄をしたいと考えている方も多いのではないでしょうか。とはいえ、節約に縛られ過ぎて途中で放棄したり、ストレスを抱えたりしていては意味がありません。無理なく継続して節約するには、一体どうすればよいのでしょうか。

無駄をカットし節約する

節約を長続きさせるには、やみくもに節約するのではなく、的を絞って無駄をカットすることが大切です。さっそく、項目ごとの節約ポイントをみてみましょう。

続きを読む

スマホ代

大手キャリアから格安スマホに乗り換える、不要なオプションを解約するといった方法で、毎月のスマホ代を抑えることができます。わざわざ契約会社を乗り換えるのではなく、安いプランに変更するというのもいいでしょう。

食費

毎日の食生活を見直し、続けられそうだと感じるものから取り組みましょう。たとえば、職場にお弁当を持参する、自販機で買っていたお茶から水筒に切り替える、間食を控えるといった方法があげられます。外食が多い方は、自炊に挑戦するのもおすすめですよ。

娯楽費

今は通っていない習い事の解約や契約コースの変更を検討する、民間より安い自治体のスポーツジムを活用するなど、ちょっとした工夫で節約することができます。また、趣味を満喫することは、ストレス解消に役立ちます。我慢のしすぎには十分注意しておきましょう。

やってはいけない節約とは

「やるべき節約」がある一方、「やってはいけない節約」があるのはご存知でしょうか。「よかれと思って取り組んだことが裏目に出た…」なんてことのないよう、避けておきたい節約方法を学んでおきましょう

安い贈り物で済ませる

節約に取り組んでいると、人のための支出は無駄だと思ってしまいがち。「安いプレゼントで済まそう」と考えてしまうこともあるかもしれません。

でも、「人への贈り物はあなたの品位を表している」ということを忘れないでください。そのプレゼントを見た人がどう感じるか、そして周囲の人があなたにどういったイメージをもつかを想像してみましょう。プレゼント代を節約したことで、あなたのイメージを大きく損なうかもしれないのです。

自分磨きに関わる節約

通いきれていない習い事を解約するのは正しい節約ですが、本当は興味があるのに「もったいないから」という理由で諦めるのは避けておきましょう。

自分が得意なものは、いつか自分を助けてくれます。自分が好きなもの、得意な分野はなにかを見つめ直し、そこを中心に自分磨きに取り組んでくださいね。

「とりあえずいいものを」という発想

「冷蔵庫は大きい方がいい」「大人数用のソファの方がいい」といったような「大は小を兼ねる」理論で物を選ぶと、どんどん無駄な出費が膨らんでいきます。こだわりのアイテムならまだしも、特に深い理由がない場合は、身の丈に合ったものを選んでおきましょう。

お金に困る人のあるある

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。