ルーレットに潜む複利の力のダークサイド

ルーレットは「カジノの女王」とも呼ばれるメジャーなギャンブルですが、 当然ながら、プレイヤー側が負けるように設計されています。比較的フェアなイメージがあるかもしれませんが、実はプレイヤーにとって想像以上に悪質なギャンブルです。その秘密は、「複利の力のダークサイド」です。それについて説明します。

ルーレットの仕組み

ルーレットは「カジノの女王」と呼ばれ、世界でもっともメジャーなギャンブルの1つです。ちなみに、「カジノの王様」は何だと思いますか? それは、バカラです。日本人にはあまり馴染みがありませんが、ラスベガスに行くと大勢の中国人のお金持ちが、真剣な顔でバカラに熱中していたりします。まあそれは余談。

続きを読む

念のためルーレットのルールをご説明しておくと、回転する盤の上でディーラーが玉を転がして、それが落ちるマスに書いてある数字を当てるゲームです。数字は1〜36で、半分ずつ赤と黒に分かれています。加えて、0と00(アメリカ型の場合。ヨーロッパ型だと0のみ)のマスがあり、この2つには色はありません。

チップの賭け方はいくつかあって、ずばり数字を当てるとチップは36倍になります。一見、マス目が36個で36分の1を当てると36倍、フェアなのではないかと思いますが、よく見ると0と00がありますよね。これが、言わばディーラーの取り分です。

つまり確率は38分の1なのに、倍率は36倍なんです。確実にちょっと負けますよね。0や00に賭けても、同じことです。

赤か黒に賭けたり、偶数・奇数で当てると2倍、3列あるうちの1列で当てると3倍、数字4つに跨がって賭けて当てると4倍、なのですがその全てにおいて0と00はお店のものになるので、長くやるとプレイヤーは必ず負けるようになっています。

当たり前ですが、確率的にプレイヤーが勝てる・引き分けになるようになっているギャンブルなんて、存在しないんですよ。

ルーレットに必勝法はあるのか

ルーレットの何が面白いのかというと、ディーラーが玉を落とす、あるいは落ちるところを「予測する」ことにあります。

大きく賭けてくるプレイヤーに勝たせないようにゼロに入れる凄腕ディーラー、その裏をかいてゼロに全額をベットするプレイヤー、そして玉は落ちた・・・ゼロだ! みたいな。安心して下さい、実際にはこんなことありませんよ(笑)。

まず、凄腕のディーラーであっても、今の機械で狙ったその目に落とすということがそもそもできないと言われています(このゾーンだけは避けたい、くらいはできるという説もあり)。そして何より、庶民に千ドルや2千ドル当てられたところでカジノはびくともしないので、わざわざディーラーが恣意的に結果をコントロールする必要がありません

いやいやそうじゃないと。出目には偏りがあるから、それを当てるんだという人もいます。赤が続く流れが来たら、大きく赤に賭けるんだと。もしくは、運のない奴がいたらその逆に賭けたら勝てるんだと。

残念ながら、これも全て「ギャンブラーの誤謬」という勘違いです。赤が何回続いても次に赤が出る確率はゼロを除けば2分の1です。実際黒が出たら「ああ、流れが変わった」って言うんでしょ(笑)。

もっと夢のないことを言えば、現代のカジノでは出目は全て記録されてコンピューターで解析されており、一定水準を越える不自然な偏りがあった場合にはすぐにアラートが鳴って機械が交換されるそうですから、機械の老朽化や細工によって勝てることもありません。ああ、なんて夢のない話なんでしょうか。

ルーレットの期待値と複利の力のダークサイド

勝てないのはわかったと。それでも0と00の分だけで、割と良心的なギャンブルなんじゃないの?

残念ながら答えはノーです。ルーレットは、プレイヤーにとっては極めて悪質なギャンブルです。確かに胴元に取られるテラ銭は0と00の分だけ、すなわち38分の2で5.26%です。しかし、怖いのはこれからです。なんだか嫌な予感がする・・・。

問題は、ゲーム1回のプレイ時間です。ルーレットを1回プレイするのに必要な時間は2分程度です。ということは、1時間で30回、参加できてしまうわけです。

例えば100万円持って全額を賭け続け、1時間経ったらいくらになるでしょうか。100万円×(1-0.0526)^30=19.75万円。つまり、運が普通であれば、1時間で8割以上の資金が溶けます

これ、繰り返しゲームって言うんですけど、マイナスの複利の力なんですよ。いわば複利の力のダークサイドですね。

参加者全員がそういう条件で闘っているので、ディーラーは特定の数字なんて狙わずに淡々と(せいぜいスピーディーに)盤を回せば良いんですよ。そりゃ、何かの間違いで勝ってしまう人もいるかもしれませんが、他の人がそれ以上に負けるので問題ありません。

ギャンブルだけでなく、例えば消費者金融からお金を借り続けることも複利の力のダークサイドに堕ちていると言えます資産運用でうまく使えば大きな助けとなるフォースの力も、マイナスに作用すると恐ろしいことになるということですね。

それでは、また。フラスコ代表、安田でした。

安田 修

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
安田 修
  • 安田 修
  • フラスコ代表、㈱シナジーブレイン代表取締役

コミュニティ・プラットフォーム『信用の器 フラスコ』代表。オンラインサロン『人生計画研究会』など多数のコミュニティの立ち上げ、運営に関与。「誰もが自由で、好奇心あふれる生き方ができる世界を創る」をミッションとして活動。