日本の夫婦に「致命的に足りない」もの。家事・育児協力の前に…

とはいえ、夫婦の一方が育児と家庭を大切だと感じているにも関わらず、もう一方がそれを軽視せざるをえなかったとき、それは「価値観の違い」となります。

学生の合唱の定番曲『あの素晴らしい愛をもう一度』では、かつて同じものを美しいと感じていたカップルの心が通わなくなっていく悲しさをうたっていますが、夫婦が同じものに価値を見いだせていないと感じたとき、夫婦仲に深刻な影響がもたらされることがあるのです。

そして、結果的に夫婦の「ある問題」につながっていきます。

5か国中最下位、日本は「夫婦の時間」が少ない

前出の調査では、日本が他の4か国と比較して、特に欧米より圧倒的に少なかったのが夫婦2人の時間でした。

【平日の1日あたりの夫婦の時間】
1位:デンマーク・・・3.19時間
2位:ドイツ・・・2.55時間
3位:アメリカ・・・2.45時間
4位:韓国・・・1.5時間
5位:日本・・・1.31時間

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

東京外国語大学卒。商社の営業職、専業主婦を経てライターに。男女の働き方、子育て世代の消費動向、時事・社会問題などに関心がある。