自分磨きや外食が多い?お金に困る人にありがちな4つの習慣

「将来、お金に困る状況に陥るのは避けたい」と考えている方も多いのではないでしょうか。実は、お金に困る人には、いくつかの特徴があるのです。あなたの習慣をちょっと見直すと、お金に困る可能性を下げられるかもしれません。では、一体どんな特徴があるのでしょうか。

お金に困る人の特徴

まずは、お金に困る人に共通している特徴を確認していきます。以下に当てはまる方は、金銭管理に十分気をつけましょう。

お金に執着心がない

続きを読む

自分が上司や先輩でもないのに「ここは俺が払うよ」と周囲に奢る方は、お金に対する執着心がない傾向にあります。お金は、大切に使ってくれる人に集まりやすいもの。周りの人からは「気前がいい」と好かれるかもしれませんが、お金からは愛されないでしょう。

「お金がない」で片付ける

お金に余裕がないことに対して、すぐに「お金がない」と口にしていませんか?これだと、「お金がないから、どうするか」という次のステップに進むことができません。「お金がない」で片付けてしまうよりも、節約をする、収入を増やすなど現状を改善する方法を探すほうが得策でしょう。

自己制御が苦手

嫌なことや面倒なことがあると、つい後回しにしてはいませんか?そのような方は、お金に関する問題も「今度考えよう」と投げ出してしまいがち。お金に困らないためには、気が進まない問題に関しても向き合うよう、自分を律する必要があります。

お金に困る人になりやすい4つの習慣

次に、お金に困る人になりやすい習慣を確認しましょう。

外食が多い

外食と自炊を比べると、自炊の方が経済的であるケースが多いです。外食が多い方は、1回あたりの食費がかさむだけでなく、「ついでにデザートも…」と余計な出費が増える可能性も。普段から、自炊中心の生活を心がけるようにしておきましょう。

クレジットカードや電子マネーを愛用

非常に便利なクレジットカードや電子マネーですが、使ったお金の流れが掴みにくいというデメリットもあります。現金に比べお金を使った実感が薄いため、どんどん使ってしまうことも。大きな買い物をした後はメモをとって、使ったお金を把握するようにしておきましょう。

自分磨きに手を出しすぎる

「もっと自分磨きに取り組もう」「コンプレックスを隠したい」という気持ちが強すぎるあまり、自分のキャパを超えるほどの通信講座や研修に手を出すケースもあります。その結果、身につかないまま終わってしまった…ということも。「いろんなジャンルに手を出し過ぎている」と感じる方は、1つの分野に絞って取り組んでみましょう。

すぐに物を買いたがる

「ストレス解消に」と浪費を繰り返していると、お金が失われる一方です。ものを買うことに慣れてしまうと、お金を使う抵抗感が薄くなっていく危険も。ショッピングに出かけるときは、買いたいものを事前にイメージしておいてくださいね。

チェックリストでお金の貯まりやすさを確認

最後に、あなたがお金の貯まらないタイプかどうか、チェックリストで確認してみよう。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。