就職氷河期世代の老後はどうする? 40代の貯蓄の現状と資産形成

超就職難の就職氷河期を経験してきた40代の老後を危惧する声が高まってきています。そんな40代の貯蓄額がどのくらいなのか気になっている人も多いでしょう。そこで、この記事では40代の貯蓄額やその増やし方について紹介します。

気になる40代の平均貯蓄額は?

2018年5月に総務省統計局が公表した「家計調査報告(貯蓄・負債編)-平成29年(2017年)平均結果-(二人以上の世帯)」によると、全体の貯蓄現在高の平均は1812万円(貯蓄保有世帯の中央値は1074万円)でした。また、67.0%の世帯で貯蓄額が平均を下回ったことも明らかになっています。

続きを読む

一方、最も該当者が多いボリュームゾーンは、「貯蓄100万円未満」の階級でした。このゾーンに該当する世帯が、全体の10.0%を占めていたのです。すなわち、「10世帯に1世帯が貯蓄100万円未満」ということになります。

世代別に見ると、40代における二人以上世帯の貯蓄現在高の平均は1074万円と全体の平均よりかなり少なくなっています。

なお、この調査における「貯蓄」には、現金預貯金のほかに有価証券(株式、債券、投資信託など)や、積立型の生命保険・個人年金などの金融資産が含まれます。

※40代独身者の貯蓄については『40代の独身者はいくら貯蓄しているのか』をご参照ください。

40代は負債も多い?

前項で紹介した調査によると、40代の二人以上世帯の負債現在高の平均は1055万円でした。これは、最も負債額が高かった40歳未満世帯の1123万円に次ぐ数値です。また、40代世帯の64.8%が負債を抱えていることも見逃せないポイントでしょう。

40代は子どもの学費がかさみやすい時期。住宅ローンを抱えている人も多いのではないでしょうか。返済を続けながら貯蓄を増やすのは容易ではありません。

拡大する

出所:総務省統計局「家計調査報告(貯蓄・負債編)-平成29年(2017年)平均結果-(二人以上の世帯)」

貯蓄額を増やす3つのポイントとは

40歳になると介護保険料の支払いが始まるため、これをきっかけに老後を意識し始める人も多いでしょう。老後資金に不安を感じているなら、貯蓄額を増やしていくことも考えなくてはなりません。そのポイントとしては、下記の3つが挙げられます。

・収入を増やす
・資産運用する
・支出を減らす

このうち、収入を増やす手軽な方法の1つに副業があります。休日くらいゆっくりしたいと思う人も多いかもしれませんが、インターネットを使って自宅にいながら収入を得ることもできる時代です。「貯蓄を増やしたい」と考えているだけでは何も変わりません。まずは、できることから始めてみましょう。

40代からは資産運用も視野に

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。