貯金1000万と年収1000万はどちらかが良いのか

「貯金1000万円」と「年収1000万」、どちらも魅力的な数字です。とはいえ、貯金1000万円でも住宅ローンが3000万円なら、金融資産があって余裕があるとは言えません。

また、金融機関の預貯金の利子は少ない現状。貯金1000万円で生活をまかなうには、リスク性資産にかえて運用する必要がありそうです。ただし、1000万円を年間20%で運用しても、超過収益は200万円。利益確定後は税金も差し引かれるため、これだけで生活するのは困難でしょう。

もちろん年収1000万円でも、家庭の状況によっては老後資金の捻出に苦労するケースもあります。確実に「こちらがいい」とは断定できませんが、どちらにせよ暮らしを安定するためには「年収アップで貯蓄を増やす」「節約して余剰資金を貯蓄に」という対策が重要です。

まとめ

年収1000万円でも、手取りは約720万円。みなさんはどう感じたでしょうか。所得税の基礎控除が引き上げになることで恩恵を受ける一方、同時に行われる給与所得控除の引き下げにも注意しておきましょう。
できるだけ節税対策をするには、個人型確定拠出年金iDeCoへの加入なども視野に入れておくのもいいですね。

LIMO編集部

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験、ビジネスネットメディア運営経験者や大手ファッション誌や雑誌の元編集長、学習参考書などの書籍校閲・校正経験者、またWebマーケティングスペシャリストなどが編集や執筆作業を行い、運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディア運営経験者等を中心に立ち上げました。サブスクリプションモデルで一定の成功を収めていたLongineですが、グループ内で新サービスを展開ることとなり、多くの読者の声に惜しまれながらLongineのサービス自体は2020年3月に終了となりました。Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。