年収2000万円もらえるサラリーマンはどこで働いているのか

上場企業の有価証券報告書に基づいた「平均年収のランキング」では、キーエンスが平均年収2000万円以上と群を抜いた結果でした。しかも従業員の平均年齢が35.9歳というから驚きです。なお、キーエンスはセンサーや画像処理システムなどファクトリーオートメーション関連の製品を手がけています。

1300万円以上~1600万円未満のラインには、大手商社である三菱商事、伊藤忠商事、三井物産、住友商事、丸紅が登場します。また、金融・保険業では、野村ホールディングス、東京海上ホールディングス、三井住友トラストホールディングスといった企業の名前も。

1000万円以上~1300万円未満のラインには、三菱地所、三井不動産、東急不動産といった不動産業、電通や博報堂DYホールディングス、フジ・メディア・ホールディングスなどの広告業・マスコミが存在します。これらの企業以外にも、ハイテク・薬品・建設といった業種が並んでいます。

参考【最新版】年収別でみる給料が高い「上場企業」一覧

お金持ちの心得とは?

企業に勤めるサラリーマンでも、業種によれば高収入が見込めるとのことでした。ではここで、高収入の人の心得を知っておきましょう。

「お金がたくさんある人は、好きなだけ買い物をしている」というイメージを持ちやすいですが、実はそうでもありません。むしろ、お金持ちほどお金を大切にする傾向があります。

たとえば、すぐに流行が移りゆくブランド品より、世代を超えて使える質の良いものが選ばれる傾向があります。高くても長期間にわたって使えるもの、価値が落ちないものという基準で判断しているようです。普段から、その場の物欲に惑わされず、コストパフォーマンスを踏まえてお金を使うよう心得ておきましょう。

まとめ

サラリーマンの中でも、大手マスコミや商社、不動産業や金融業の企業などに勤めている場合は、平均年収が高い傾向にあることが分かりました。決して「サラリーマンはお金持ちになれない」というわけではないようですね。「お金は大切に」というお金持ちの思考を意識して、収入アップにつながりやすい生活を送りましょう。

LIMO編集部

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。