総合商社や金融など、年収1000万以上の職種や企業とは?

「年収1000万も稼いでいる人」「お金持ちの家」と聞くと、開業医や経営者のイメージがあるのではないでしょうか。だからといって、企業に勤めるサラリーマンが高収入を得られないというわけではありません。では、どの業種の企業に勤めている人が、お金持ちになるチャンスをもっているのでしょうか。

そこで今回は、平均年収が高い業種や企業、お金持ちの心得について迫っていきます!

平均年収1000万超えの企業ってあるの?

続きを読む

まずは、東洋経済新報社の調査に基づいた東洋経済オンライン『最新!「平均年収が高い会社」ランキング300(2018年2月23日)』のデータをみてみましょう。これによると、2019年度版就職四季報に情報開示をしている1113社のうち、平均年収が1000万円を超える企業は41社という結果でした。

なお、この数字には「総合職だけの年収」と「一般職も含まれた年収」が混在しています。そのため、「一般職も含まれた年収」を総合職だけで算出すると、平均値が上がる可能性もあります。

ではここで、気になる業種をチェックしましょう。平均年収の上位を占めている業種は、マスコミや総合商社、不動産、金融の大手企業が並んでいます。なかでも、上位の10社の平均年収は1200万円を超えていました。

さらに、上位285位までの企業は平均年収800万円を超えている点も見逃せません。このなかには、建設・メーカー・運送業といったさまざまな業種が含まれています。

これらを踏まえると、平均年収1000万超えの企業は存在していることが分かります。また、1000万円に届いていなくても、十分高収入を狙える企業もありますね。

ちなみに、このデータには含まれていないものの、外資系金融やディーラー、歩合制の保険販売などで年収3000万円を超えるケースもあるようですよ。

平均年収が高い具体的な企業名は?

上場企業の有価証券報告書による「平均年収のランキング」では、キーエンスが平均年収2000万円以上と群を抜いた結果でした。1300万円以上~1600万円未満のラインには、大手商社である三菱商事、伊藤忠商事、三井物産、住友商事、丸紅が登場します。また、金融・保険業では、野村ホールディングス、東京海上ホールディングス、三井住友トラストホールディングスといった企業の名前も。

1000万円以上~1300万円未満のラインには、三菱地所、三井不動産、東急不動産といった不動産業、電通や博報堂DYホールディングス、フジ・メディア・ホールディングスなどの広告業・マスコミが存在します。これらの企業以外にも、ハイテク・薬品・建設といった業種が並んでいます。

お金持ちの心得とは?

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。