年収1000万円と貯蓄1000万円、いずれも年収を追い求める人、またより多くの貯蓄を目指す人にとって一つの目安となる水準ではないでしょうか。今回は直近のデータをもとに、それぞれどちらの実現が難しいのか考えてみましょう。

年収1000万円を得られるのは日本の何パーセントか

まず、年収1000万円ですが、これは日本の給与所得者のどの程度の割合なのでしょうか。

2018年9月に国税庁から発表された「平成29年分 民間給与実態統計調査」を見ていきましょう。

続きを読む

年間給与額が1000万円を超えるのは、給与所得者4945万人のうち全体の4.5%に過ぎません。人数にして約220万人です。人数としては多く見えますが、比率としては少ないなぁというのが印象ではないでしょうか。

では、年間給与水準と比率もあわせてみていきましょう。

  • 100万円以下:8.4%
  • 100万円超200万円以下:13.5%
  • 200万円超300万円以下:15.8%
  • 300万円超400万円以下:17.5%
  • 400万円超500万円以下:14.8%
  • 500万円超600万円以下:10.1%
  • 600万円超700万円以下:6.3%
  • 700万円超800万円以下:4.3%
  • 800万円超900万円以下:2.9%
  • 900万円超1000万円以下:1.9%
  • 1000万円超1500万円以下:3.3%
  • 1500万円超2000万円以下:0.7%
  • 2000万円超2500万円以下:0.2%
  • 2500万円超:0.3%