お金持ちになりたい人が実践すべき3つのこと

「お金に苦労せずに生活したい」「お金持ちになりたい」というのは誰もが抱く気持ちではないでしょうか。しかし、宝くじが当たるような幸運に恵まれない限り資産を劇的に増やすのはまず無理なので、お金持ちになりたいのなら普段の思考や生活パターンを変えていかなければいけません。どうすればお金持ちに少しでも近づくことができるのでしょうか?

自分の資産状況をきちんと管理する

まずは、自分の資産状況を日頃からきちんと管理しましょう。資産状況を管理し、現在どこの口座にいくらあるか、ローンなどの負債がどのくらいあるかを把握しているのとしていないのでは、お金に対する意識が変わってくるからです。

続きを読む

ノーチェックで全く管理せずになんとなく生活していたら、お金の使い方も雑になり、給料=生活費とギリギリのやり繰りになってしまうなんてこともあるでしょう。それでは貯蓄にまで手を回せず、いつまでたっても資産は増えて行きません。

一方で、資産状況をきちんと理解して、「資産を何歳までにいくら増やしたい」など明確な目標ができれば、貯蓄に少しでも多く回そうと無駄遣いも減り、大切にお金を使うようになります。

特にサラリーマンの場合、今は大幅な給料アップが望み薄な時代です。まず現状把握をして、目標に向けてどうやって資産を増やしていくのかを考えることが大切です。

経済ニュースなどで日々新しい情報をアップデートする

お金持ちになれる人は、情報に敏感でそれを仕事や生活に上手く落とし込めるという共通点があります。たとえば経営者で成功している人は、何が現在・将来のトレンドなのかを情報収集して、人より早くビジネス化できるから成功してお金持ちになっていますよね。

また、お金持ちは株式投資や不動産投資をしているケースが少なくありませんが、世界・日本国内の経済状況や企業の業績などに常に気を配って運用をしています。

国税庁によれば、日本の平均的な年間給与所得は400万円強。サラリーマンがお金持ちになるのは実家が裕福などの特別な理由がない限り非常に難しいと言えます。ただ、サラリーマンでも、毎日経済ニュースをチェックする習慣を身につければ、資産運用で貯蓄を増やすチャンスをつかめるかもしれません。

また、脱サラして新しいビジネスを初められるようなヒントが得られるかもしれません。そのため、会社の仕事を日々こなすだけではなく、仕事以外でも自発的に新しい情報を取り入れていく姿勢がお金持ちに近づく一歩と言えるでしょう。

受け身にならず自分で考え行動する癖をつける

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。