日本に学んだタイ王国の二輪車メーカーが日本進出、3機種を発売

スポーツモデル「DEMON150GR」(著者撮影、以下同)

日本では二輪車の販売台数が低迷しているが、そんな日本国内市場にタイの二輪車メーカーが参入してきた。1月23日に秋葉原のUDXで発表されたのは、最新の欧州ハイエンドモデルのミニチュア版「DEMON150GR」と、カフェレーサー風の「Gentleman200」、そしてノスタルジーを感じさせるクラシックな「Legend150S」の3モデル。3モデルはイタリアのデザイナーによって製作された。

製造・販売を手がけるのは2007年に設立されたGPXで、日本国内での販売は総代理店のGPX JAPANだ。GPXは四輪バギーやオフロードバイクをメインに製造し、二輪車メーカーとしては急成長を遂げ、2018年においてはタイ国内でホンダ、ヤマハに次ぐ販売台数を誇るメーカーでもある。

続きを読む

日本から学んだ生産体制と品質管理

かつてアジア製のバイクと言えば「安かろう悪かろう」の象徴だった。実際に今でもヤフオクやECサイトで並行輸入したであろう激安バイクは売られている。GPXの3種のバイクはタイで生産されているのだが、生産体制の見直しを図り、新工場は某日本メーカーのOBが監修し、機能的で清潔で大陸らしい広さを活かした設備で生産している。また、販売する国に総代理店を置くなど、アフターサービスもしっかりとしている。

今では日本の二輪車メーカーがタイや中国、インドで軽量車を生産する時代で、GPXは日本の二輪車製造技術を学んでいるため、「安かろう悪かろう」から脱却しているのだ。

150ccスポーツ、200ccネイキッド、150ccクラシックの3種を発売

今回、発売された3種は、いずれも空冷4サイクルエンジンで、FI(フューエルインジェクション)ではなくキャブレターを採用している。

まず、スポーツモデルの「DEMON150GR」の特徴だが、前後14インチのタイヤを履いているところだろう。またフロントの倒立式フォークはKYB製で、リアサスペンションはYSS製。ライト類はすべてLED化されている。ボディカラーはイエロー、レッド、ブラック、レッド/ホワイト、グレー/ホワイトを用意。

【DEMON150GR】
価格:34万3,440円(税込)
排気量:149cc
最高出力:18ps
最大トルク:1.18kgf・m
全長:1,835mm
車両重量:130kg

「DEMON150GR」のライト類はすべてLED化されている

 

リキモリカラーも展示されていた

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
鈴木 博之

出版社で雑誌の編集者を経験したのちフリーランスとして活動。
現在は自動車雑誌をメインに、オウンドメディアやニュース配信サイトでの記事執筆も行っている、マルチ編集・ライター。