「子連れ出勤」の負担はすべて母親? 子どもを見ながら仕事をする実情から思う疑問

2019年1月15日、少子化対策なども担う宮腰光寛内閣府特命担当大臣が、政府として「子連れ出勤」を後押しすることを表明。大臣は茨城県の企業で子連れ出勤の様子を視察し、「赤ちゃんの顔が幸せそう。乳幼児は母親と一緒にいることが何よりも大事ではないか」と発言しました。

現段階ではまだ保育園に入れることができず、“子連れ出勤”状態で0歳児の子どもを見ながら仕事をしている筆者。子連れ出勤推奨への疑問と、自身の経験から「子どもと一緒に働くこと」の実態についてお伝えします。

続きを読む
  • 投資家デビューしたあなたへ! 脱・投資初心者のための資産形成講座 [PR]

母親(女性)に多くの役割を担わせることが問題解決に?

宮腰大臣が「乳幼児は母親と一緒にいるべき」と発言したように、この子連れ出勤の対象者は母親を想定していることは明らかです。これには、多くの子育て世代で働く女性が異を唱えたことでしょう。「夫婦のどちらでも、子連れ出勤ができるような体制を作る」というような趣旨であれば、ここまで大きな波紋を呼ばなかったはずだと思います。

若いうちに結婚をし、子をたくさん産み、育て、仕事もしろと、いったい女性にいくつの役割と責任を押し付けるのだろうと、呆れてしまいました。もちろん、そうした役割をすべてこなしたい女性もいるかもしれませんが、フルタイムで仕事もバリバリこなし、複数人の子どもを抱えながら家事育児も完璧にこなす姿を、現代女性のスタンダードとするのはあまりにも過酷です。

母親の子連れ出勤を奨励する動きは、少子化や労働力不足といった日本が抱える問題を、女性個人に負担を押し付けることで解決しようとしている感が否めません。それよりも大事なのは、男性の長時間労働の解消や育休取得率のアップ、保育園の整備などであることに、そろそろ気付いてもいいのではないでしょうか。

仕事も子育ても中途半端になるストレスは大きい

子連れ出勤を視察した際、宮腰大臣は「想像以上に『これなら、どこでもできるのではないか』と実感した」とも発言しました。確かに、子どもをそばで見ながら仕事もできたら、理論上は一石二鳥で、子どもも親もハッピーかもしれません。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
秋山 悠紀

早稲田大学文化構想学部出身。女子高でサッカー部、フリーター、演劇活動、編集プロダクションなどを経て独立。
子育てへの不安から1年半の保育園勤務の後、第一子を出産。
現在、長男を育てながら女性の生き方、子育て、ジェンダー、社会、旅、ドラマ、映画について執筆中。