日本人の貯蓄の傾向は? 今までの方法で大丈夫なのか

初心者でも始めやすい「つみたてNISA」に挑戦しよう

貯蓄のために銀行などに預貯金をしている人は多いと思います。しかし、銀行の利息は低金利の影響で微々たるものなので、預貯金だけでお金を増やしたいのならばコツコツ積立するしかありません。

一方、上手く売買すれば資産を元金以上に増やすことができる投資に興味はあるけれど、リスクがある商品は不安...と、なかなか勇気が出ない人もいますよね。そこで今回は、具体的な貯蓄の種類や方法について説明していきます。

日本人の貯蓄の特徴は?

続きを読む

貯蓄とは、総務省統計局の「家計調査報告」[貯蓄・負債編]によると、「預貯金」だけではなく、以下のような運用性の高い有価証券などの金融商品が含まれます。

通貨性預貯金
定期性預貯金
生命保険など
有価証券

また、有価証券には以下のような金融商品が含まれます。

株式
投資信託
貸付信託
金銭信託
債券
公社債投資信託

日本証券業協会による「平成30年度 証券投資に関する全国調査」によると、預貯金の保有割合は92.8%超であるのに比べ、株式は12.6%、投資信託は9.2%と、運用性の高い商品の保有率はかなり少なくなっています。

また、金融商品に求めることは「いつでも出し入れができる」が47.5%で、「元金が安全」が40.1%となっており、資産を拘束されたり、リスクを負うこと嫌う人が多いことがわかります。

投資をしなければ資産を増やすことは難しい?

上記の通り日本人は一般的にリスクを嫌う国民性なので、元本割れの可能性がある運用性の高い商品は避けられがちですが、低金利下のこの時代、資産を増やしたいと思うのであればリスクを取る運用を考えてみても良いのではないでしょうか。

実際に、高収入層ではある程度リスク資産を持つ人が多い傾向にあるようです。仏コンサルティング会社キャップジェミニの「World Wealth Report 2018」によると、日本の富裕層は海外の富裕層より現金保有率が高いものの株式にも資産の3割ほどを投資をしており、一般人に比べるとリスク資産の保有率は高くなっています。

株や投資信託などは安い時に購入して高くなったら売り、売買益を得ることが鉄則です。相場に絶対はなく、様々な要因で価格は変化するので確かにリスクは高いですが、タイミング良く購入できれば資産を大きく増やすことも可能です。

デイトレーダーのように毎日売買するのではなく、優良な投資先が現状のような世界的な株安で割安に購入できる時に購入し、相場が回復してきたら売却するという長期的な目線で運用できると成功する確率が高くなるでしょう。

非課税枠を使って賢く運用しよう

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験のある編集者やライター、ビジネスネットメディアやファッション誌、業界紙での編集・執筆、書籍校閲・校正経験のあるメンバーで運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げました。Longineのサービスは2020年3月に終了となりましたが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。