シリーズでお伝えしている「個人投資家向けの株主優待研究」。株主優待制度は、株主は株式を発行している上場企業が提供している商品であったり、サービスの優待券であったりを手にすることができます。株式投資では値上がり益や配当が主な醍醐味ですが、それらに次いで株主優待も人気です。今回は梅の花の株主優待と株価動向について見ていきましょう。

梅の花の株主優待の概要

さて、同社の株主優待の詳細を見ていきましょう。

対象株主

同社株式を100株以上保有の株主

株主優待確定日

  • 毎年4月末
  • 毎年10月末

株主優待内容

同社飲食店舗や通信販売およびブアスパにて表示価格から20%割引となる「株主様御優待証」(カード)、同社飲食店舗やお持ち帰り専門店、通信販売およびブアスパにて利用できる「株主様御優待券」(1000円券)

株主優待基準

<4月末および10月末>

  • 100株以上200株未満:「株主様御優待証」(カード)1枚
  • 200株以上400株未満:「株主様御優待証」(カード)1枚、「株主様御優待券」(1000円券)6000円分
  • 400株以上600株未満:「株主様御優待証」(カード)1枚、「株主様御優待券」(1000円券)1万2000円分
  • 600株以上:「株主様御優待証」(カード)1枚、「株主様御優待券」(1000円券)1万8000円分

発送時期および有効期限

  • 4月末:7月上旬頃に発送、「株主様御優待証」(カード)は翌年1月31日まで有効、「株主様御優待券」(1000円券)は翌年7月31日まで有効
  • 10月末:1月中旬頃に発送、「株主様御優待証」(カード)は同年7月31日まで有効、「株主様御優待券」(1000円券)は翌年1月31日まで有効

株主優待内容だけではなく、株価にも注意したい

株式投資をされている方で株主優待にだけに興味があるという人は少ないでしょう。